【英国発“ゴシップ”斜め読み】デレ・アリとグアルディオラ監督の長女マリアさんの熱愛報道が話題

 とにかくびっくりした。イングランド代表のイケメン選手とジョゼップ・グアルディオラの娘という組み合わせを発見した瞬間、“おっ”と小声を出して小さな驚愕を漏らしてしまったが、なんといってもプレミアリーグを制覇し、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも王手をかけたスペイン人名将の長女が、あまりにも可愛らしくてびっくりしてしまったのだ。

 英大衆紙「ザ・サン」は、こうしたセレブリティー報道が得意なことで定評があるが、今回の激写の対象となったのはトッテナム所属のイングランド代表MFデレ・アリ(25歳)と、ペップの娘マリアさん(20歳)。場所はロックダウンが緩和されて満員となっていたロンドンのルーフトップ・バー「クラウド9」。「ザ・サン」電子版を開くと、トップニュース欄に白いトレーナーに緑のアポロキャップを被ったアリと、白いパーカー姿のマリアさんがベンチに隣り合って座り、人目もはばからずに熱いキスを交わしていた後ろ姿がしっかりと掲載されていた。

 また記事の書き出しがお上手。「イングランド・スターのデレ・アリとマンチェスター・シティのボスであるペップ・グアルディオラの娘が熱烈キス」ときて、「今シーズンはスコアがないアリだが」と続く。“スコア”という言葉は、サッカーの場合はもちろん「ゴールを決める」という意味で使われるが、「異性と上手くいく」「よろしくやる」という意味合いもある。

 この書き出しで、4〜5年前に急上昇し、トッテナムの同僚ハリー・ケインとともに将来のイングランドを担う逸材とされながらも、今季はジョゼ・モウリーニョ監督と馬が合わずに干された形になっていたアリなのに、その凋落の裏側でとてつもなく可愛いグアルディオラの娘とよろしくやっていた、という幸運な感じが浮き彫りになってよろしい。読者は「人生は悪いことばかり続かない」という前向きな気持ちになれる。

 それはさておき、記事を読み進めると、2人はロンドンでも“トレンディー”とされる屋上のバーで「完全に2人の世界に入り、誰に見られても気にしない」という様子で、口づけを交わしていたらしい。

 友人の証言(この現場をタレ込んだ人物だろうか?)によると、マリアさんとの出会いで、最近までの恋人だったモデルのルビー・メイさんと別れた傷も癒えたとか。ちなみにロンドンで学生のマリアさんとは、先月に出会ったばかりだという。

マンU時代のザハ、モイーズ監督の娘との付き合いが噂され“干された”

 もちろん、独身のアリが誰と付き合おうと自由。誰にも文句は言えない。

 と記した一方で、監督の娘と選手の付き合いということで思い出したのは、2013年、デイビッド・モイーズ政権1年目のマンチェスター・ユナイテッドで徹底的に干されたFWウィルフレッド・ザハ。当時弱冠21歳の韋駄天ウインガーは、アーセナルとの競合の末にアレックス・ファーガソン監督が勝ち取り、名将最後のユナイテッド契約選手となったばかり。本人は強く否定したが、モイーズ監督の娘との付き合いが噂され、それがスコットランド人指揮官の逆鱗に触れたという話があった。

 というわけで、自分の娘がサッカー選手と付き合っていることを、証拠写真とともに公となって知らされた監督、ペップの心中やいかに――。まあ全く関係ないとは思うが、CL決勝も目前となったタイミングで、多少は気になるところではある。

Football ZONE web編集部