クリーンシート達成で伊メディアは「6.5点」評価

 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也は、現地時間16日に敵地で行われたセリエA第37節ウディネーゼ戦にフル出場。1-0のシャットアウト勝利を収めた試合で、イタリアメディアも「完璧だった」「権威を持って率いた」と、大絶賛のパフォーマンスだった。

 吉田は12日の第36節スペツィア戦(2-2)では失点に関与して厳しい評価もあったが、中3日のウディネーゼ戦でもクラウディオ・ラニエリ監督に継続起用された。相手の得点源でもあるイタリア代表FWステファノ・オカカとのマッチアップが多くなったが、決定機を与えずに封殺。サンプドリアは後半43分、獲得したPKをエースFWファビオ・クアリアレッラが蹴り込んで勝利した。

 その吉田にイタリアメディアも感銘を受けたようだ。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は「6.5点」の採点ながら、「オカカにスペースを与えず、インターセプトし、周囲にバリアを張って試合から消し去った」と大絶賛だった。実際に、オカカへのロングボールをカットしたプレーから味方のシュートチャンスにつながる場面もあった。

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」でも「6.5点」だったが、採点記事のタイトルで「最終ラインで完璧だった吉田」と絶賛したうえで、「サンプドリア守備陣で最高の選手。権威を持って周囲を率い、危ない場面がまったくなかった」と記した。

 セリエAはこれで残り1試合となり、来週の最終節でサンプドリアはパルマと戦う。すでに中位フィニッシュは決定しているが、良い形でシーズンを終えたいところだ。

Football ZONE web編集部