ヘタフェに移籍後も苦しんだが、値千金の決勝ミドル弾でチームを1部残留に導く

 ヘタフェの日本代表MF久保建英は、現地時間16日のリーガ・エスパニョーラ第37節レバンテ戦に途中出場。後半39分に得意の左足で強烈なミドルシュートを叩き込み、チームを残留に導く値千金の決勝ゴールをマークした。スペイン大手紙も高採点をつけ、「これまでと違った」「ヒーローになった」と評価している。

 残留争いの渦中にいるなかで5試合連続のベンチスタートとなった久保だが、得点が欲しい状況の後半30分にピッチに送り出された。すると、同39分に相手陣内でボールを奪った久保がドリブルで運び、そのままペナルティーエリアの端から左足でミドルシュート。強烈な一撃がニアサイドを抜き、ゴールネットを揺さぶった。得点を決めた久保は感情を爆発させ、ユニフォームを脱ぐゴールパフォーマンスを見せた。

 久保のゴールが決勝点となり、2-1で勝利したヘタフェは勝ち点を37に伸ばした。これで今季16位以上が確定したため、1試合を残して1部残留が確定した。

 スペイン紙「AS」は、「クボがヘタフェの1部残留を決める」との見出しで、久保に両チームで単独最高となる「評価3」をつけ、日本人アタッカーを称えている。

「ヘタフェの歴史の重要な1章が、コリセウムで終わりを告げた。タケ・クボがゴラッソを決め、ヒーローになった。ボルダラス監督とその選手たちは、クラブの最も輝かしい時代の一つを作った。1部昇格、1部での素晴らしい3年、そして欧州戦線への進出などは幸福感のある安心とともに終わりを告げた」

 また、スペイン紙「マルカ」も「これまでと違ったクボ」とその活躍を伝えている。

「慎重で主役感が少なかったが。アスロナスの歴史で意味ある仕事をした。苦しんだ末のゴールは日本人選手だけが押し込んだものではない。ゴール後の喜びは全員を解き放ち、ピッチ、そしてスタンドの選手たちが喜びを爆発させた。ペットボトルが飛び交うなか、笑顔があふれた。いくつかの椅子は近く修理しなければならないが、非常に難しい一年を満足した形で終わることになる」

 久保自身にとっても、ヘタフェにとっても、価値と意味のあるゴラッソとなった。

Football ZONE web編集部