【日本人選手・年代別ベストイレブン|1984年度生まれ編】矢野の1トップ、中盤の選手はJリーグでの実績が豊富

 日本代表やJリーグに数多くのタレントを輩出した輝かしい世代はいつなのか。ここでは日本の“学年”の区切りに合わせた年度別の「年代別ベストイレブン」を編成。今回は1984年度(84年4月2日〜85年4月1日)生まれを見ていく。

 1984年度生まれの日本人Jリーグ経験者は116選手いる。他の年度と比較しても決して少ないわけではないが、日本代表として国際Aマッチを戦った選手はわずか2人と、これまで見てきた年度別のなかでも圧倒的に少ない。なお代表出場歴があるのは、現在も栃木SCでプレーするFW矢野貴章(19試合2得点)と、DF菊地直哉(1試合)であり、2人を軸にチームを構成していく。

 FWには現在も湘南ベルマーレで現役を続ける石原直樹や近藤祐介のように、Jリーグで十分な実績のある選手たちもいる。だが、この年代のタレントは中盤に多いため、FWは矢野の1トップとした4-2-3-1の布陣を採用したい。

 2列目の左に入るのは、藤枝MYFCに所属しているMF谷澤達也。静岡学園高出身らしいテクニックを売りとするドリブラーは、柏レイソル、ジェフユナイテッド千葉、FC東京、FC町田ゼルビア、SC相模原と関東のクラブを渡り歩き、出身地の静岡に戻っている。トップ下には同じく静岡出身でジュビロ磐田、アビスパ福岡、アルビレックス新潟でプレーし、J1通算303試合に出場しているMF成岡翔を置く。右には、京都サンガF.C.や大宮アルディージャで活躍後、韓国の釜山アイパークでもプレーしたMF渡邉大剛を起用。左右のサイドハーフとサイドバックをこなす万能性は重宝される。

 2ボランチの1人目には、こちらも中盤のすべてのポジションをこなせるユーティリティーなMF小川佳純を配置する。名古屋グランパスで10番を背負ったこともある小川は、2008年にJリーグ新人王やベストイレブンに入り、日本代表候補にも選出された。小川とパートナーを組むのは、柏のレジェンドであるMF大谷秀和だ。2003年から柏ひと筋のキャリアを送り、今もJ1で戦っているボランチも、日本代表候補に選出されている。

攻撃力が持ち味の両サイドバック、CBは元磐田コンビ

 4バックの中央を務める1人に菊地が入り、その相棒となるのは現在もジュビロ磐田でキャプテンを務めるDF大井健太郎だ。成岡とは藤枝東高時代からチームメートであり、菊地とも実際に同僚としてプレーしている。2017年にはJ1で5得点を記録するなど、ヘディングの強さは攻撃でも守備でも大きな武器となる。

 左サイドバックには、横浜F・マリノスや川崎フロンターレで活躍し、日本代表候補入りもしたDF小宮山尊信を入れ、右サイドにはベガルタ仙台で活躍したDF菅井直樹を入れる。両者とも攻撃力が持ち味で得点力もあるため、中盤のバランスを考えてプレーできる選手たちとの相性は良さそうだ。

 GKには、現在も北海道コンサドーレ札幌のゴールマウスを預かるGK菅野孝憲が、実績と実力ともに頭一つ抜けた存在だ。セカンドチームには、浦和レッズや大宮アルディージャでプレーしたGK加藤順大を入れたい。大宮時代に見せたアクロバティックなセーブが世界でも称賛されたGKは、現在はオンラインサロンから立ち上げられたマッチャモーレ京都山城というクラブで、監督兼選手として活躍の幅を広げている。

Football ZONE web編集部