ロドリゲス監督が酒井獲得に言及「戦術的な柔軟性も持ち合わせている」

 浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督は、11日のトレーニング後にオンラインで定例の記者会見を実施。前日に完全移籍での加入が発表された日本代表DF酒井宏樹について、「違いを見せられる選手。目標達成の力になってくれるだろう」と期待を込めた。

 柏レイソルでプロキャリアをスタートさせた酒井は、2012年夏にドイツのハノーファーへ移籍し、16年夏にはフランスの名門マルセイユへ渡った。リーグ・アンではパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとマッチアップし、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも世界の強豪とプレー。日本代表としては14年と18年に2度ワールドカップ(W杯)に出場し、今夏から9年ぶりにJリーグでプレーする。

 ロドリゲス監督は酒井獲得の経緯について「酒井宏樹選手が日本に戻りたい、Jリーグに戻る希望があると聞いたので、そういう機会があるということで興味を持った。ポリバレントで複数のポジションができ、レベルが高い選手。経験があり、リーダーシップや私のサッカーに必要な戦術的な柔軟性も持ち合わせている」と話している。

 そのうえで、浦和の右サイドバックでは今季ヴィッセル神戸から加入したDF西大伍が存在感を示しており、オーストラリア五輪代表で主将のDFトーマス・デンや長年浦和でプレーしてきたDF宇賀神友弥もプレー可能。そうしたなかでの酒井獲得について、ロドリゲス監督はチームの幅を広げられ、さらに違いを作ることができるというメリットを話した。

「西もポリバレントで、より高い位置でもプレーできるし、(酒井と)2人を組ませられる。酒井は3バックのセンターバックやウイングバック、左サイドバックもできる。西はボランチもシャドーもできる。重要なのは、チームとして戦える状況に持っていくこと。今季はすべての大会で戦っているし、中3日くらいでも戦う。選手の良いパフォーマンスを3つの戦い(リーグ戦、ルヴァン杯、天皇杯)で発揮しながら戦いたいし、4つ目のACLでも戦いたい。

 違いを見せられる選手なので、獲得にはそういう狙いもある。目標達成の力になってくれるだろう。欧州の高いレベルでプレーしていただけでなく、日本代表でもある。Jリーグにインパクトを与えるだろうし、サッカーだけでなくメディアにもインパクトがあるだろう。そういう選手が浦和に来たのはポジティブなことだ」

ルヴァン杯神戸戦に向けて「立ち上がりが大事」

 浦和は13日にルヴァンカップ・プレーオフステージ(16強)で神戸との第2戦を戦う。アウェーでの初戦を2-1で制しているため有利な条件だが、指揮官は「この途中経過をキープするのではなく、勝利を目指さないといけない。立ち上がりが大事だと思う。神戸としては立ち上がりに力強いプレーでゴールして浦和を迷わせる狙いがあるだろうし、リスクを背負ってゴールを狙うだろう」と話した。

 酒井は東京五輪にオーバーエイジの一員として参加することが極めて濃厚なため、チームへの合流は大会後となるだろう。その時に、リーグ戦だけでなくタイトル獲得の可能性があるゲームを残すことで、試合数も増えて獲得の意義も増すだろう。まずは9月以降に開催されるルヴァンカップの準々決勝以降への進出を決め、デンマーク代表DFアレクサンダー・ショルツと酒井を加えたパワーアップした陣容で、シーズン後半戦を迎えたい。

Football ZONE web編集部