メンバー発表前最後のテストマッチ、東京五輪に向けて猛アピール

 東京五輪の最終メンバー選考前ラストマッチとなったU-24日本代表とジャマイカA代表の国際親善試合が12日に豊田スタジアムで行われ、MF久保建英が相手の隙を突いた先制ゴールを決めて、日本が2-0で折り返した。

 日本はこのジャマイカ戦を終えると、今月下旬には18人の最終メンバー発表を控える。DF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航のオーバーエイジ3人がいずれもスタメン出場し、2列目の左サイドハーフにはMF三笘薫、最前線にはFW前田大然が起用された。

 立ち上がりこそジャマイカが日本陣内に入り込む場面があったが、次第に試合のペースは日本へ。三笘のドリブル突破であわやPK獲得というシーンも作れば、MF久保建英のシュートがゴールポスト直撃、右からMF堂安律が際どいシュートやラストパスという場面もあったが、ゴールだけが生まれず試合が進んだ。

 そして前半32分、飲水タイム明けでジャマイカが集中を欠いた日本ボールのスローインで、久保が堂安と位置を入れ替えて右サイドに出てボールを受けると、そのままドリブルでカットイン。低い強烈なシュートを放つと、ブロックに来た相手DFとGK両者の股を連続で抜いてゴールへ。

 さらに同42分には遠藤がインターセプトから攻撃参加し、前線でのパス交換の後にミドルシュートで貴重な追加点を奪い、日本が2-0とリードしてハーフタイムに突入した。やや決定力を欠いた感もある前半だったが、ラストアピールのチャンスでもある後半45分間は、選手交代も含めて注目される。

Football ZONE web編集部