久保、堂安らのゴールでジャマイカに4-0勝利

 東京五輪への強化を図るU-24日本代表は12日、豊田スタジアムで国際親善試合のジャマイカ代表戦に臨み、4-0で快勝した。本大会のメンバー選考前ラストマッチでの結果に、横内昭展監督は「先に点を取って、ゼロで終われたのは収穫」と振り返った。

 5日のU-24ガーナ代表戦(6-0)に続き、OA枠のDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、MF遠藤航(シュツットガルト)は融合を進めるために引き続き先発起用。最終ラインでは怪我でDF冨安健洋(ボローニャ)が離脱したため、吉田の相棒役としてDF町田浩樹(鹿島アントラーズ)が入った。

 2列目にはMF久保建英(ヘタフェ)、MF堂安律(ビーレフェルト)、MF三笘薫(川崎フロンターレ)の期待の3人が揃い踏みしたなか、立ち上がりから果敢に相手ゴールに迫った日本は前半19分、敵陣左寄りでボールを受けた久保がフリーで左足シュートを放つも、ゴール左ポストに直撃。

 その後も再三チャンスを作ると同32分、敵陣右サイドでボールを受けた久保がそのままペナルティーエリア内へ侵入。中央へカットインすると、そのまま左足を一閃。相手のフィールドプレーヤー2人とGK合わせて3人の股を通す技ありの一撃で先制点を奪った。

 さらに同42分には遠藤がインターセプトから攻撃参加し、前線でのパス交換の後にミドルシュートで貴重な追加点を奪い、日本が2-0とリードしてハーフタイムに突入した。

 後半も優位に試合を進めた日本は同12分、ドリブルで持ち上がった三笘のアシストを受け、後半頭から出場したFW上田綺世(鹿島アントラーズ)が加点。その7分後には、途中出場の相馬勇紀(名古屋グランパス)からの折り返しを、堂安が決めてリードを4点に広げた。

 本大会のメンバー選考前ラストマッチで、”格上”となるジャマイカA代表を相手に結果が出たことについて、横内監督は試合後のフラッシュインタビューで「収穫はどんな相手に対しても先に点を取ってゼロで終わったことだと思います」と述べ、チームの勝利を称えた。

Football ZONE web編集部