ジャマイカのA代表に4-0で勝利 出場した全18選手を5段階査定

 U-24日本代表は12日、豊田スタジアムでジャマイカ代表との国際親善試合を行った。本選のメンバー発表前ラストゲームは、MF久保建英(ヘタフェ)、MF堂安律(ビーレフェルト→未定)、MF三苫薫(川崎フロンターレ)の3選手が初めてスタメンで2列目に並ぶなど、注目を集めた。

 本番までの数少ない実戦経験を積む場としても重要な一戦には、U-24ガーナ代表戦(6-0)にも出場したDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、MF遠藤航(シュツットガルト)のオーバーエイジ(OA)枠3人も揃って先発出場。各選手はどのようなパフォーマンスを見せたのか、出場18選手を5段階評価(最高が五つ星=★★★★★)で査定した。

<GK>
■谷 晃生(湘南ベルマーレ)=★★★☆☆(→ハーフタイムOUT)

 出場した前半はジャマイカにシュートを打たれる場面がなく、セービングの機会はなし。ほとんどプレーする機会がなく、集中を保つのが難しい状況だったが、最終ラインの選手が処理できるボールに対して飛び出して安心感に欠ける場面も。前半終了間際のハイボール処理も中途半端になった。

■鈴木彩艶(浦和レッズ)=★★★☆☆(←ハーフタイムIN)

 後半からピッチに立ち、ワンタッチでのパスを含めて、足元の技術がしっかりしていることを示した。年上の選手たちにも臆することなくコーチングができたのは成長の跡か。前半同様に後半もシュートを打たれる場面がなかったため、アピールをするのは難しい状況だった。

(出場なし)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

<DF>
■酒井宏樹(浦和レッズ)=★★★★★

 右サイドで圧倒的な存在感を示し続けた。相手の侵入を許さなかっただけでなく、ボールを奪ってから即座に攻撃に転じられる強みを見せた。右でスタートした堂安だけでなく、中央から流れた久保とのコンビネーションも良く、チームへのフィットが進んでいることを感じさせた。

■吉田麻也(サンプドリア)=★★★★☆

 最終ラインをコントロールしながら、自分のエリアに来たロングボールを確実に跳ね返す。縦にボールを入れられる場面では、しっかりと味方にボールを付けて攻撃の第一歩となった。選手交代を行い、4バックから3バックにシステムを変えても、安定感は変わらず。

■町田浩樹(鹿島アントラーズ)=★★☆☆☆(→ハーフタイムOUT)

 ジャマイカFWジェボン・イーストに対する対応は悪くなかった。ただし、自由にボールを扱える状況でも、縦パスや横パスをコントロールミスする場面が目につき、ビルドアップに不安を残した。

■旗手怜央(川崎フロンターレ)=★★★★☆(→後半15分OUT)

 前半20分に吉田からのパスを受けて、中央でフリーになった久保を見逃さずにラストパスを通し、最終ラインからチャンスを作れる力を証明。ボールがない局面でも、遠藤航が決めた2点目の場面のように、2列目までの選手がゴール前に固まった際にはオーバーラップで数的優位を作り出し、攻撃を流れさせた。

■瀬古歩夢(セレッソ大阪)=★★★★☆(←ハーフタイムIN)

 後半12分の上田のゴールの場面では、サイドバックではなく三笘にボールを通して彼の強みを引き出した。3バックに変更後も左ウイングバックが戻ってきた際には4バック気味になるなど、柔軟なプレーを見せた。

■橋岡大樹(シント=トロイデン)=★★★☆☆(←後半15分IN)

 3-4-2-1の右ウイングバックでプレー。運動量の落ちたジャマイカに対して、思うように攻め上がれなかったが、何度かクロスを入れた。守備では強さを見せて、サイドを破られることもなかった。

(出場なし)
菅原由勢(AZ)
古賀太陽(柏レイソル)

OA枠の遠藤航は圧巻の安定感 田中&久保も存在感を発揮

<MF>
■遠藤 航(シュツットガルト)=★★★★★

 最終ラインからのボールの引き出しを田中に任せつつ、必要なところで顔を出してサポートに入る。ジャマイカのカウンターに目を光らせ、前半42分にはエリア外で旗手のオーバーラップもあってフリーになると、狙いすました右足のシュートをゴール右隅に沈めて、結果を出した。

■田中 碧(川崎フロンターレ)=★★★★☆

 アンカーの位置に入り、最終ラインからボールを引き出して攻撃を組み立てる。オーバーエイジの3選手とともにフル出場したことからも、チームの軸に据えられていることがうかがえるが、それに見合うだけのプレーを90分にわたって見せた。

■堂安 律(ビーレフェルト→未定)=★★★☆☆(→後半30分OUT)

 周囲との連携を合わせることに注力したか、決定的なプレーは少なかった。それでも後半には途中出場した相馬からのパスを受けて確実にゴールを決めた。3-4-2-1への変更後はシャドーに入り、味方がボールを失った際に素早く切り替えてカウンターを阻止する場面も。

■久保建英(ヘタフェ)=★★★★☆(→後半20分OUT)

 前半17分にエリア内でDFを緩急でかわし、ゴール前を横切るクロスを入れたのを皮切りに、決定的な仕事を多く見せた。それでも飲水タイム直後の同32分には、最終ラインの裏を取って相手選手4人の股を射抜くシュートを決めて試合を動かした。

■三笘 薫(川崎フロンターレ)=★★★☆☆(→後半15分OUT)

 序盤からサイドに張ってドリブルを仕掛けようとするものの、割り切って守るジャマイカを相手に持ち味を出せず。前半25分過ぎからは中央に入る回数が増え、久保との連携、後半は久保、堂安とのコンビネーションも見られた。最後はサイドからのドリブルと精確なパスで上田のゴールをアシストした。

■相馬勇紀(名古屋グランパス)=★★★☆☆(←後半15分IN)

 投入とともにチームが布陣変更し、3-4-2-1の左ウイングバックに入る。後半19分には左で完全にフリーになると、エリア内に仕掛け、GKを交わしたところでパスに切り替えて、堂安のゴールをアシスト。ホームスタジアムでの試合で結果を出した。

1トップで先発起用された前田は結果を残せず

<MF>
■食野亮太郎(リオ・アヴェ)=★★★☆☆(←後半20分IN)

 3バック変更後に投入され、シャドーの一角に入る。後半途中からは3バックや選手の組み合わせを含め、様々なテストが行われていたなかで、決定的な仕事をするのは難しかったか。

■三好康児(アントワープ)=★★★☆☆(←後半30分IN)

 相手GKに対してのプレッシングであわやゴールの場面を作るなど、15分間のプレーとなったが、精力的に前線をかけた。

(出場なし)
中山雄太(ズウォレ)
遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)

<FW>
■前田大然(横浜F・マリノス)=★★☆☆☆(→ハーフタイムOUT)

 走力を生かした執拗なチェイシング、ボールを引き出すフリーランニングをこなす。前半の途中まではシュートを打つところまでいっていたが、時間の経過とともにゴール前でボールに絡めなくなり消えていった。

■上田綺世(鹿島アントラーズ)=★★★☆☆(←ハーフタイムIN)

 後半6分のチャンスではシュートを右ポストに当てる。動き直しのなかから、チャンスを作る。後半12分には三苫と絶妙なコンビネーションを見せて、縦パスをしっかり収めてGKと1対1になり、ループシュートで確実にゴールを決めた。

(出場なし)
林 大地(サガン鳥栖)

Football ZONE web編集部