黒ベースで胸元にグレーと白のストライプ、差し色で赤を使ったクラシックなデザイン

 パリ・サンジェルマンは5月14日、2021-22シーズンの新ホームユニフォームを発表し、フランス代表FWキリアン・ムバッペがモデルを務めたことでも話題を呼んだ。今回、海外メディアがサードユニフォームのデザインをリークし、注目を集めている。

 ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」が公開した画像は、またホーム版とは雰囲気ががらっと異なる。

 黒ベースで胸元にグレーと白のストライプ、ロゴに赤を差し色で使ったクラシックなデザイン。記事によれば、1999〜2001年のモデルにインスパイアされているという。

「Footy Headlines」のコメント欄には、「私は買う」「カラーコンボが上手く機能」といった賛成派以外にも、「恐ろしいユニフォーム」「まったく良くない」という酷評派も多数おり、現状ではまさに賛否両論といったところだ。

Football ZONE web編集部