ジャマイカ戦の前半32分、技ありの先制弾で存在感

 U-24日本代表MF久保建英(ヘタフェ)は、12日の国際親善試合ジャマイカ戦(4-0)でGKを含む4選手の股下を抜く鮮やかなシュートを決めた。海外メディアは“ジャパニーズ・メッシ”が決めた一撃について「今季最も珍しい得点」と報じている。

 東京五輪本大会メンバー発表前最後のテストマッチで各選手がアピールに燃えるなか、久保が鮮烈なインパクトを残した。0-0で迎えた前半32分、右サイドでボールを持つと、ドリブルで中央にカットインし、得意の左足で低い弾道のシュートを放った。ボールはシュートの軌道上にいたDF3人とGKの計4人の股を抜け、ゴールネットを揺さぶった。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は、このゴールについて「タケフサ・クボ、レアル・マドリードのワンダーキッドはU-24日本代表対ジャマイカ代表の試合で異例のゴールを決めた」との見出しで報じた。一度に複数選手の股を抜くシュート自体めったにお目にかかることはできないなかで、久保のシュートは一気に4人を手玉に取った。そんな離れ業について、記事では「今季最も珍しい得点を決めた」「狂気」とその衝撃が強調されている。

 バルセロナからレアル・マドリードに引き抜かれた異色の経歴を持つだけに、日本やスペイン以外にもその名前が広く浸透している久保。東京五輪での活躍も期待されるレフティーのスーパーゴールは海を渡った英国でも注目を集めているようだ。

Football ZONE web編集部