ブロックに来た3人の相手DFとGKの股を連続で抜いてゴールを決める“神業”

 U-24日本代表MF久保建英(ヘタフェ)は、東京五輪の最終メンバー選考前ラストマッチとなった12日の国際親善試合ジャマイカ戦(4-0)に先発出場し、前半32分に相手4人の股を抜く技ありの一撃で先制点を決めた。スペイン紙「マルカ」は、「オリンピックのセンセーションになるだろう」と4年に一度の祭典での活躍を予言している。

 東京五輪メンバー18人の“最終選考”となった一戦に、日本はDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、MF遠藤航(シュツットガルト)のオーバーエイジ3人がいずれもスタメン出場し、2列目には久保、MF堂安律(ビーレフェルト→未定)、MF三笘薫(川崎フロンターレ)の3人が初めてスタメンで並んだ。

 立ち上がりこそジャマイカが日本陣内に入り込む場面があったが、試合の主導権は徐々に日本へ。久保は前半20分にゴールポスト直撃の強烈な左足シュートで見せ場を作ると、飲水タイム明けの同32分に驚きの一撃を叩き込む。ジャマイカが集中を欠いた瞬間を逃さず、日本ボールのスローインから右サイドをドリブルでカットイン。低い強烈なシュートを放つと、ブロックに来た3人の相手DFとGKの股を連続で抜いてゴールを決めた。

 技ありの“4人股抜き弾”に、スペイン大手紙「マルカ」は「オリンピックのセンセーションになるだろう。クボのクアドリプレ(4連続)の股抜きとゴラッソ」と動画付きで速報。同紙は公式ツイッターでも「タケ・クボがオリンピックの準備をしている。ジャマイカとの親善試合で4人の股を抜くゴラッソを決めた」と伝えている。

 東京五輪のメンバー18人は6月下旬に発表予定ながら、海外メディアは久保の活躍をすでに確信しているようだ。

Football ZONE web編集部