東京五輪メンバーへ出場選手がアピール、高倉監督が本音吐露「本当に頭が痛い」

 なでしこジャパン(日本女子代表)は13日に国際親善試合メキシコ戦に5-1で勝利。東京五輪の最終メンバー発表前のラストゲームを終え、高倉麻子監督は「彼女たちの人生がかかっていると受け止めている」と、選考への苦しい思いも明かした。

 日本は前半の立ち上がりに攻めあぐねたものの、FW岩渕真奈のゴールで先制。後半には18歳MF木下桃香の代表初ゴールや、FW遠藤純の追加点など若手も躍動。1失点こそしたものの、4点を奪った。

 10日の国際親善試合・ウクライナ戦(8-0)では、MF塩越柚歩がデビュー戦で2ゴールし、この試合でも途中出場でビッグチャンスにも絡んだ。この最終選考前ラストとなった2試合で、これまでに実績のある岩渕やFW菅澤優衣香、この日1ゴールのFW田中美南、MF籾木結花らも合わせ、多くの選手が結果を残した。

 それだけに高倉監督は「みんなが結果を出すので本当に頭が痛くて(苦笑)。良いファイトをしてくれて、部屋に帰ってため息が出たくらい。良い意味で結果を出してくれている」と、最終的に18人に絞らなくてはいけない苦しさも話しつつ、この2試合を中2日、東京五輪でのスケジュールに対するシミュレーションとしても行ったことによる考えを話している。

「2試合を終えた疲労度を考えてもタフな戦いだと分かった。メンバー選考を含め、どういう戦いをすべきか精査したい。ターンオーバーでスタメンを張れる選手を多く選びつつ、途中出場のアクセントと考えるけど、この2試合であっても思ったよりパフォーマンスが良い、思ったより上がってきていないところも正直ある。細心の注意を払いながら選びたい。ただ、試合を決定づける選手は(メンバーに)持っておきたい」

 本戦で金メダルを目指すなら、中2日の連続で6試合を戦い抜かなければいけない。実際、この2戦連続でフル出場した主将のDF熊谷紗希、DF清水梨紗、MF中島依美についても「その3人もどこかでターンオーバーを考えないといけない」と話している。スタメンで長い時間のプレーが計算できる選手、途中出場で違いのある武器をチームにもたらす選手を18人の中にどう配置するかは難しい判断になりそうだ。

約80人を招集してきた中から、本大会メンバー18人へ絞り込み

 その上で、現役時代には女子サッカー黎明期の選手として活躍してきた高倉監督だけに「彼女たちの人生がかかっていると受け止めているので。それを受け止めた上でベストの選手を選びたい。ただ、これまで呼んだ選手も含め、みんな日本の女子サッカーを支えてくれているという思いは変わらない」と選手たちへの思いも話した。

 2016年2月に、その年の夏に予定されていたリオデジャネイロ五輪へのアジア最終予選で敗れたチームを高倉監督は受け継ぎ、大きく若手に世代交代もしながら戦ってきた。その集大成となる母国開催の五輪に向け、まずは約80人を招集してきた中からの18人がどのような顔ぶれになるのか。今月末にも予定される最終メンバー発表が注目される。

Football ZONE web編集部