ブロックに来た3人の相手DFとGKの股を“4連続”で抜いてゴール

 U-24日本代表MF久保建英(ヘタフェ)は、東京五輪の最終メンバー選考前ラストマッチとなった12日の国際親善試合ジャマイカ戦(4-0)に先発出場し、前半32分に相手4人の股を抜く技ありの一撃で先制点を決めた。韓国メディアも「これが可能?」と驚きを持って伝えている。

 東京五輪メンバー18人の“最終選考”となった一戦に、日本はDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、MF遠藤航(シュツットガルト)のオーバーエイジ3人がいずれもスタメン出場し、2列目には久保、MF堂安律(ビーレフェルト→未定)、MF三笘薫(川崎フロンターレ)の3人が初めてスタメンで並んだ。

 立ち上がりこそジャマイカが日本陣内に入り込む場面があったが、試合の主導権は徐々に日本へ。久保は前半20分にゴールポスト直撃の強烈な左足シュートで見せ場を作ると、飲水タイム明けの同32分に驚きの一撃を叩き込む。ジャマイカが集中を欠いた瞬間を逃さず、日本ボールのスローインから右サイドをドリブルでカットイン。低い強烈なシュートを放つと、ブロックに来た3人の相手DFとGKの股を連続で抜いてゴールを決めた。

 技ありの“4人股抜き弾”に、スペイン大手紙「マルカ」が「オリンピックのセンセーションになるだろう。クボのクアドリプレ(4連続)の股抜きとゴラッソ」と報じるなど注目を集めていたが、韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」も「これが可能? クボ、相手4人の股下を抜いてゴール」と取り上げている。

「日本の神童タケフサ・クボがそう簡単に拝めない異例のゴールを決めた。日本は4-0で勝利を収めたが、久保の得点シーンが大きな話題を集めた。ペナルティーエリア内右から中央に持ち込み、マーカーを抜いて素早く左足シュートを放った。ボールはジャマイカのDF3人、GKの計4人の股下を抜いて得点となった。相手選手1人の股下を抜けて得点になることはよくある。ストライカーはGKとの1対1で股抜きを狙うこともある。しかし、4人の股下を抜けてボールがゴールに到達するのは容易ではない」

 記事では、久保の放ったシュートが、「1:DFカーティス・ティルト」「2:DFアマリ・ベル」「3:DFリアム・ムーア」「4:GKディロン・バーンズ」と股を抜けていく様子を画像でも検証している。

 韓国メディアにとっても、4人股抜き弾の衝撃は大きかったようだ。

Football ZONE web編集部