東京五輪“最終選考”でジャマイカA代表に4-0と快勝、三笘のアシストは「見事だった」

 東京五輪に向けて強化を進めるU-24日本代表は12日、ジャマイカA代表と国際親善試合を行い4-0で勝利した。本大会メンバー“18人枠”を巡る最終選考の一戦となったこの試合、MF久保建英(ヘタフェ)、MF堂安律(ビーレフェルト→未定)、MF三笘薫(川崎フロンターレ)の3人が初めてスタメンとして2列目に並び出場。DF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、MF遠藤航(シュツットガルト)のオーバーエイジ(OA)3人も2試合連続で先発し、チームとしての融合を推し進めた。
 
 本大会メンバー発表前の最後の試合での日本の戦いぶりを、識者はどのように見たのか。「天才ドリブラー」として1970年代から80年代にかけて活躍し、解説者として長年にわたって日本代表を追い続ける金田喜稔氏が、この試合に出場した全18選手を5段階(5つ星が最高、1つ星が最低)で採点。先制ゴールの久保、OAで高いパフォーマンスを発揮した酒井と遠藤に“5つ星”を与えた一方、先発したFW前田大然(横浜F・マリノス)とDF町田浩樹(鹿島アントラーズ)の2人には「アピール不足」との評価を下した。

   ◇   ◇   ◇

<FW>
■前田大然(横浜F・マリノス/→ハーフタイムOUT)=★★★

 持ち前のスピードを生かしたチェイシングなど守備での貢献度は高かったが、1トップに入るFWとしてはそれだけでは評価されない。2列目の選手との呼吸がいま一つ合っていなかった印象で、前半11分に三笘からのパスを受けて放ったシュートも相手にブロックされるなど、攻撃面で良いところを出せなかった。

<MF>
■三笘 薫(川崎フロンターレ/→後半15分OUT)=★★★★

 後半12分にドリブルで相手をかわし、上田に出したスルーパスでのアシストは見事だった。前半に久保からのパスを太ももでトラップミスしたシーンはマイナス点だったが、前半11分にペナルティーエリア内で仕掛けて相手に倒されたドリブルなど、メンバー発表前最後の試合で持ち味を出した印象だ。そのシーンの後、ドリブルでの仕掛けから前田に出したマイナスのパスは、やはり右足のアウトサイドで出している。縦にも中にもドリブルで行ける体勢のまま出せるあのアウトサイドのパスは、やはり三笘の大きな武器。シュートを打った前田に対する相手DFの対応を遅らせた。

久保の存在は五輪対戦国にとって「間違いなく脅威となる」

■久保建英(ヘタフェ/→後半20分OUT)=★★★★★

 U-24ガーナ代表戦に続いて果敢なプレーを見せてくれた。久保の能力を引き出すうえで、堂安、三笘と並ぶ2列目はベストの3人と言える。前半20分には旗手からのパスを受けて強烈な左足シュートを放ち、これは惜しくも左ポストに当たったが、このシュートの良いイメージがあったからこそ、先制点の場面で縦に切り返して右足クロスではなく、カットインからの左足シュートを迷わずに選択できたのだろう。それにしてもあのゴール、DF3人とGKがシュートコースに一直線に並んで全員の股を抜くなんて滅多にないし、まるで漫画のようだった。ドリブルのキレ、カットインの鋭さ、状況判断の的確さなど五輪対戦国にとっては間違いなく脅威となる。本番に向けて相当対策を練ってくるはずだ。

■堂安 律(ビーレフェルト/→後半30分OUT)=★★★★

 得点シーンでは相馬からのボールを受けた際、少しボールが浮いたが落ち着いて決めきった。ジャマイカのA代表を相手にしてもフィジカルが強く、簡単にボールを取られない。また連係面では、自分で行けるシーンでもあえて久保の良さを引き出してあげるようなプレーが見られた。本大会に向けては久保との連係をさらに高めつつ、堂安を中心にした別ルートの打開策も作っていきたい。

■遠藤 航(シュツットガルト)=★★★★★

 どんな相手にも自らの任務を遂行する姿は頼もしい限り。球際の勝負、奪ってからの展開力で日本にリズムをもたらし続けた。チーム2点目となったミドルシュートは技術、連係ともにパーフェクト。五輪本大会でも間違いなく武器になるので、積極的に狙ってほしい。

■田中 碧(川崎フロンターレ)=★★★★

 遠藤とのコンビネーションは着実に高まっている。この2人が五輪に向けて一番手に位置しているのは間違いなく、田中自身のパフォーマンスも決して悪くはなかったが、この日はいつもよりボールを足もとに置きすぎた印象を受ける。前線の預け先が相手にマークされていて、ワンタッチで出せるシーンをあまり作れなかったのかもしれないが、少し持ち過ぎたことでプレー全体のリズムを下げていた。

酒井は「OAとしての覚悟を示す」プレーで圧倒的な存在感

<DF>
■旗手怜央(川崎フロンターレ/→後半15分OUT)=★★★★

 限りなく5つ星に近い評価で、複数ポジションをこなせるなかで左サイドバックとしての高いパフォーマンスを披露した。久保のシュートを引き出したスルーパス、遠藤の得点を生み出した絶妙なタイミングでのオーバーラップはいずれも素晴らしかった。攻撃に関与できる左サイドバックとして、他の候補者と異なる魅力を発揮している。

■町田浩樹(鹿島アントラーズ/→ハーフタイムOUT)=★★★

 無失点で前半を終えたことを考えれば大きなマイナスではないものの、大型センターバックとして個人的に期待しているだけに、ジャマイカ相手に制空権を支配しきれなかったのはやや物足りなかった。そしてフィード能力も評価しているなかで、前半だけで取られてはいけないようなミスが3回ほどあった。縦パスを前線につけるタイミングも、その先にサポートできる選手が最低何人いるのかなど、状況判断をもう少し高めたいところだ。

■吉田麻也(サンプドリア)=★★★★

 90分を戦って無失点に抑えており、後半途中からは3バックにも対応。やや疲れを感じさせるシーンもあったが全体的に大きな減点材料はなく、対人守備はもちろん、ビルドアップでも安定していた。センターバックのパートナーが誰になっても、最終ラインを巧みにコントロールしている。

■酒井宏樹(浦和レッズ)=★★★★★

 ゲームへの入り方が特に素晴らしかった。局面で体をぶつけ、フィジカルの強さで一歩も譲らないことを示すプレーを立ち上がりに2、3回見せ、相手の縦パスをインターセプトするシーンもあった。OAとしての覚悟を示すプレーで圧倒的な存在感を放っている。どんなゲームであろうとも、一瞬の隙も見せずにアピールする姿は若手にも伝わるはずだ。

<GK>
■谷 晃生(湘南ベルマーレ/→ハーフタイムOUT)=★★★★

 ジャマイカにほとんどシュートを打たれず、プレーする機会はほとんどなかった。一方、ハイボールの処理には不安定な部分があり、前に出て触れなかったシーンは反省材料。本大会で当たる強豪などには、そうしたミスから失点を喫する可能性は高いだろう。

上田の得点シーンに見えたストライカーとしてのレベルの高さ

<途中出場>
■上田綺世(鹿島アントラーズ/FW/←ハーフタイム)=★★★★

 ゴールシーンは三笘との関係性の良さから生まれたもの。あのタイミングで走れば、あのパスが来ると確信したうえでの迷いのない動き出しだった。上田の技術の高さは最後にループシュートを選択したことにも表れているが、より凄かったのはその前の判断。右利きの選手であれば、左後方から足もとに来たボールをステップを踏み変えて利き足のインフロントで止め、さらにボールを動かしてシュートにつなげるのが普通だが、左足アウトサイドで正確にコントロールできる技術があるから、スピードを落とさずに走り抜けて決めきった。ストライカーとしてのレベルの高さを感じた。

■瀬古歩夢(セレッソ大阪/DF/←ハーフタイム)=★★★★

 後半から出場し、途中からは3バックに対応。チーム全体がノッキングを起こした印象はあるが、瀬古自身はビルドアップで無難にプレーしていた。

■鈴木彩艶(浦和レッズ/GK/←ハーフタイムIN)=★★★★

 相手に危ないシーンを作られることがほとんどなく、ビルドアップに参加する局面が多かった。この年代で初出場ながら落ち着いており、足もとのつなぎにも安定感があった。今後が楽しみな人材だ。

■相馬勇紀(名古屋グランパス/MF/←後半15分IN)=★★★★

 後半19分の4点目のシーンでは、自らゴールを奪ってアピールしたいとの思いは強かったはずだが、相手GKをかわして左サイドに流れた段階で切り替え、堂安にパスを通してお膳立てした。いつもできることを、フルパワーでやりきる安心感は、指揮官から見ればやはり外せない存在だろう。

■橋岡大樹(シント=トロイデン/DF/←後半15分IN)=★★★

 右ウイングバックとして投入され、良いクロスも入れていた。チーム全体が選手交代によってペースダウンしたため、思うようなパフォーマンスは発揮できなかったが、今回の活動でセンターバックとの複数ポジションをこなせることをアピールした。

■食野亮太郎(リオ・アヴェ/MF/←後半20分IN)=★★★

 久保との交代でシャドーに入り、その後に堂安もベンチに下がるなど、難しい時間帯でのプレーになった。コンビネーションの部分でも思うようにいかず、良いところをあまり発揮できなかった。

■三好康児(アントワープ/MF/←後半30分IN)=評価なし

 中心メンバーとしてスタートした選手が、今は当落線上にいるという事実がこの年代のレベルの高さを示している。アピールするには時間が短かったが、出場直後に果敢な守備から、あわやゴールというシーンを作ったところには意地を感じた。

[PROFILE]
金田喜稔(かねだ・のぶとし)

1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

Football ZONE web編集部