【後編】動画で守備を学ぶ!? 憧れの選手はブラジルとイタリアのあの選手

 スポーツチャンネル「DAZN」とパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で、元日本代表DFとして活躍した栗原勇蔵氏は5月のJリーグ「月間ベストディフェンシブプレーヤー」に元チームメートで横浜F・マリノスのチアゴ・マルチンスを選出。前編に続いて、対談後編ではチアゴが憧れの選手や守備のポリシーについて栗原氏に明かした。

   ◇   ◇   ◇

栗原 ポジションはずっとDFだったの?

チアゴ 最初はGKだったんです。お父さんがGKだったのでその影響で、フットサルの大会ではGKをやっていた。でも、「意外と俺、足下あるじゃん」って気づいて、少し前に出てみようかなってチャレンジしてセンターバック(CB)にポジションを変えたんです。

栗原 昔、憧れていた選手とか、今、憧れている選手っている?

チアゴ チアゴ・シウバ(チェルシー)ですね。ブラジル代表のCBです。プレースタイルもすごく好きですし、サッカー選手としてのキャリアも好きで、動画を見たりして勉強もしています。あとはミランで活躍した元イタリア代表のパオロ・マルディーニも憧れですね。

栗原 マルディーニはチアゴ選手の世代じゃないよね?

チアゴ 違うんですけど、動画を見て勉強していますね。真似しようと思うプレーもあるけど、僕と違うのは、マルディーニはスライディングをしていた選手なので、そこはできないんですけど、他のDFのプレーで真似できるものは吸収したいと思っています。

栗原 そういえば、チアゴ選手ってスライディングしないよね? スライディングしたら、相手にやられるっていう考えからしないのかな?

チアゴ それには二つの理由があって。まずは、いいポジショニングを取っていればスライディングをしなくてもタックルに間に合う位置に動けるということ。もう一つは勇蔵さんが言うように、スライディングすると相手にやられるという意識があるからです。現代サッカーはスキルの高い選手がたくさんいて、ペナルティーエリア付近でスライディングしたら、相手にカットインされてシュートを打たれるイメージがあるんです。だから僕はあまりスライディングを好みません。なので、常にしっかりといいポジショニングでいることを心掛けていますね。

栗原 その考えはどこで学んできたの?

チアゴ 育成年代の17歳ぐらいの時、モジミリンECというチームでプレーしていたんですけど、その時のコーチの教えです。その人も元CBで、そんなに身長は高くないのですが、彼が「いいポジショニングをすればスライディングしなくていい」と教えてくれたんです。仮に、悪いポジショニングであとから遅れて行ってスライディングして、カットインされたらやられると。それを言われてから、確かにそうだなと思って。それからはずっとポジショニングを常に考えています。ブラジルではDFがスライディングをするとサポーターに喜ばれるのですが、僕はスライディングをしないディフェンスの仕方なので、その後、パルメイラスでプレーしていた時のサポーターの評価がどうだったかは分からないですけど、僕自身の守備のポリシーとして育成年代の頃からずっとポジショニングを心掛けてやっています。

栗原 そういうことだったんだね。チアゴ選手は能力が高いうえに、ポジショニングも凄くいいと感じていたから、納得したよ。育成年代の時の教えだったんだね。

チアゴ はい。やはり育成年代の時にそういう教えをすることはすごく大事なことだと思います。小さい頃からそうやって叩き込まれていくと、自然と頭に入るし、プロになってから、必要な時に生きてくる。特にF・マリノスに来てからは、ハイラインを敷く戦術なので、ラインの上げ下げなど、僕のポジショニングが目立つようになりました。だからこそ、ポジショニングが本当に欠かせないんだと思っています。

チアゴが挙げた日本人CBで良いと思う選手は?

栗原 そんなJリーグナンバーワンCBのチアゴ選手から見て、日本人のCBで良い選手だなと思う選手は誰かいる?

チアゴ 川崎フロンターレのタニグチ(谷口彰悟)選手はビルドアップとか足もとがいいし、ポジショニングもいいですよね。あとはトミヤス(冨安健洋)選手。ヨーロッパでもすごく評価が高くていい選手。日本人CBのなかで一番じゃないかなって思っています。

栗原 他にはいないの?

チアゴ もちろん、シン(畠中槙之輔)! チームメートだから挙げるのはナシかなと思っていたんだけど……。シンはビルドアップや視野の広さ、前に当てるボールとか、すごく上手い。シンは日本のトップレベルにいる選手だと思うよ。個人的には、僕とすごくハマったCBコンビなのかなって思っています。

栗原 フロンターレのジェジエウ選手と谷口選手、F・マリノスのチアゴ選手と畠中選手のコンビは似ていると言われているけど、チアゴ選手自身はどう感じているの?

チアゴ 一人は高さ、強さといったフィジカル面で優れた選手で、もう一人はビルドアップやパスといったゲームを組み立てる面で優れた選手。うん、確かに似ていますね!

栗原 さらに言えば、ジェジエウ選手とチアゴ選手はJリーグ屈指のCBということで、評価を二分しているんだけど、見ていて感じるのはジェジエウ選手よりもチアゴ選手のほうが隙はないんじゃないかと。チアゴ選手自身はどう見ているの?

チアゴ 確かに比べると似ている部分もありますけど、似ていない部分もあると思っています。ただ、それを比べるのは難しい。それはチームの戦術が違うからです。F・マリノスはリスクを背負って1対1でも攻撃に参加する戦術なので、どうしてもカウンターを受ける機会が多くなってしまいます。だから1対1になる場面が多くて、対人守備で目立つことが多い。でも、フロンターレ自体がみんなで上手くカバーし合って、そこまでリスクを背負って攻撃に行く感じでもないので、ジェジエウ選手が一人で体を張っているような場面はそんなに多くないのかなって思いますね。

栗原 同じブラジル人で、似たタイプの選手で、同じポジションで、どうしても比較されてしまうことも多いと思うけど、俺はチアゴ選手のほうが優れていると思ってるから。

チアゴ 勇蔵さんにそうやって褒められると嬉しいですし、こんな偉大な選手に認められると嬉しいですね。これに満足せずにもっともっとレベルアップして、チームのために貢献していきたいです。

栗原 気が付けば、F・マリノスでもう4シーズン目になるんだね?

チアゴ そうなんです。毎年チームが強くなっていると感じますし、成長していると思います。チームの成長はみんなのサポートがあってこそです。選手だけじゃなく、コーチングスタッフや会社、F・マリノスの関係者すべての皆さんのおかげ。それにファン・サポーターの皆さんのおかげです。だけど僕が感じるのは、このチームはもっともっと成長できる。F・マリノスファミリーとして、一緒にもっともっと上を目指していけたらと思っています。

栗原 ちなみに、俺の進行ぶりはどうだった(笑)?

チアゴ 本当に気持ちよく話すことができましたし、アットホームな感じで取材できたと思います。選手時代から勇蔵さんのことは知っているけど、現役時代も一生懸命練習していて成長したいんだなという気持ちが見られたし、引退後もどんどん成長していっていると感じるので、第二の人生もさらに成長してほしいです。今日は本当に楽しかったですし、毎回こういう雰囲気で取材したいですね。100点満点でした(笑)! 偉大な選手と一緒にプレーできたことも光栄でしたし、第二の人生にこうやって絡むことができたことも光栄です。ありがとうございました!

栗原 俺も楽しかったよ。まだまだ聞きたいことがあるから、ぜひまた今度、改めて聞かせてください。ありがとうございました。

[プロフィール]
栗原勇蔵/1983年9月18日生まれ、神奈川県出身。横浜F・マリノスの下部組織で育ち、2002年にトップ昇格。元日本代表DF松田直樹、同DF中澤佑二の下でセンターバックとしての能力を磨くと、プロ5年目の06年から出場機会を増やし最終ラインに欠かせない選手へと成長した。日本代表としても活躍し、20試合3得点を記録。横浜FM一筋で18シーズンを過ごし、19年限りで現役を引退した。現在は横浜FMの「クラブシップ・キャプテン」として活動している。

Football ZONE web編集部