グループ内で大きかった戦力差、日本は国内組で戦っても楽々と突破が可能だった

 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の最終戦でキルギス代表に5-1と快勝した。8戦全勝、46得点・2失点という圧倒的な成績を残して9月から始まる勝負の最終予選へと駒を進めたが、森保一監督が率いる日本の2次予選での戦いぶりは、海外の識者の目にはどのように映っていたのか。かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、「3年前のスターマン」の転落劇に注目したうえで、FW鈴木優磨(シント=トロイデン)の最終予選での招集を提言している。

   ◇   ◇   ◇

 8戦全勝で、失点はわずかに2。コロナ禍の影響により、22カ月にも及んだW杯アジア2次予選で、森保監督は39選手を起用した。そしてサムライブルーは、予想通りに最終ラウンドに無難に駒を進めている。

 キルギス戦でも5-1と相手を破壊したことで、グループFの他国と日本の戦力差を改めて浮き彫りにしたが、最終予選ではこんな楽な展開を予想することはできない。FWオナイウ阿道が、前半の6分間でハットトリックを記録したことが、2次予選の現実を浮き彫りにしていた。実際のところ、このラウンドはJリーグでプレーしている選手以外をフィールドに送り込む必要はほとんどなかった。国内組でも楽々と突破が可能だったと思う。

 だが、指揮官は1位の座を確定させるまで、ほとんどリスクを冒さなかった。

 最終予選の状況はドロー次第となるが、タレントが充実している日本代表の選手たちは7大会連続のW杯出場に強い自信を抱いていることだろう。

 他国の現状を鑑みれば、それも理解できる。先日の日韓戦で完敗した韓国だが、日本と多くの点で似たクオリティーを有しており、“中東の雄”イランは強靭さと対戦相手を苦しめる攻撃的なタレントがいる。

 サウジアラビアは予測不能で、オーストラリアは常にフィジカル、メンタルともに充実した状態で大一番に乗り込んでくる。しかし、技術面の優秀さと、戦術的な選択肢の広さから、日本は本大会出場の本命と言える。それは2次予選で存分に証明されている。

“3年前のスターマン”中島翔哉が失墜、久保建英の存在はすべての序列を覆す

 西野朗前監督の中核を森保監督がそのまま受け継いでから、3年の月日が経過した。GKでは権田修一(清水エスパルス)が8試合中6試合で先発しているが、最終ラインの75%は盤石だ。

 酒井宏樹(浦和レッズ)、吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(ボローニャ)のトリオへの依存度はあまりに高く、そのまま東京五輪代表の最終ラインに移植されることになった。依然として高いフィットネスと信頼を維持する長友佑都(マルセイユ)は、左サイドバックの一番手として先発しているが、長きにわたるレギュラーの後継者候補を探す仕事は残されている。

 遠藤航(シュツットガルト)は最終ラインのトリオと同じく、絶対的レギュラーの立場にある。柴崎岳(レガネス)のパートナー以上の存在となり、ドイツで輝く彼もまたオーバーエイジ枠で五輪に参戦することになる。

 2列目が森保監督の最も興味が集まる選択肢になる。10番を背負っていた中島翔哉(アル・アイン)こそが、“3年前のスターマン”だったが失墜した。躍動的なドリブラーは、なぜこんなことになってしまったのか。今や代表メンバー入りからも程遠く、クラブレベルでの転落劇がサムライブルーにおける運勢を著しく下げてしまった。

 右サイドは堂安律(ビーレフェルト→未定)がファーストチョイスだったが、伊東純也(ヘンク)がここ数カ月間の輝きで割って入る勢いを見せている。堂安は五輪後に再合流となるが、どちらも好印象だ。

 南野拓実(サウサンプトン)はしばらくの間トップ下で固定されてきたが、中島の転落で空白地帯となった左サイドハーフにシフトし、中央は台頭著しい鎌田大地(フランクフルト)の定位置となった。

 だが、全員を脅かす存在がいる。久保建英(ヘタフェ)だ。五輪代表を卒業し、A代表に専念となれば、稀代のタレントは2列目の序列を一気に覆すゲームチェンジャーになり得るだろう。

 選択肢充実の2列目と異なり、1トップの状況は厳しい。大迫勇也(ブレーメン)が実績も能力も抜群の1トップとして活躍を続けている。量産したゴールのみならず、前線の起点としてチームを機能させているが、森保監督にとっては現状、不動の1トップこそが替えのきかない資産だ。

大迫勇也の他に明確な選択肢が存在しないことが最大の懸念事項

 だが、大迫が故障や不調時に、選択肢が存在しないことが最大の懸念事項だ。鈴木武蔵(ベールスホット)、浅野拓磨(無所属)、永井謙佑(FC東京)ら代役は全く印象を残さず。鎌田は1トップをこなすセンスはあるが、明確な2番手が存在しない。

 鈴木優磨の招集を拒否し続けている森保監督の決断は、不可解そのものだ。もしシント=トロイデンの男と指揮官の間に紛争が存在するのであれば、代表のために和解すべきだろう。大迫の代役が存在しない以上、鈴木の存在は日本代表に有益だ。無風状態の1トップで大迫にプレッシャーをかけ、トップクラスの代役になる可能性がある。

 いずれにせよ、W杯アジア最終予選のドロー前の段階で、このチームに漂うのは自信以外の何ものでもない。ここまでほとんどのミスなしにカタールへの道のりを進んできたが、しばらく順調な歩みに変化は起きないだろう。

Football ZONE web編集部