デンマーク戦に後半頭から途中出場、同点弾アシスト&決勝点奪取で2-1逆転勝利に貢献

 マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは現地時間17日に行われた欧州選手権(EURO)のデンマーク戦に途中出場し、1ゴール1アシストを決めて2-1の逆転勝利に貢献した。圧巻のパフォーマンスで違いを作り出したプレーメーカーには「ベルギーのヒーロー」と称賛の声が寄せられている。

 初戦でロシアを3-0と撃破していたベルギーは第2戦でデンマークと対戦。前半2分にFWユスフ・ポウルセンのゴールで先制を許す展開となったが、後半開始と同時にUEFAチャンピオンズリーグ決勝のチェルシー戦で負った顔面骨折の影響でロシア戦を欠場していたデ・ブライネをピッチに送り出す。するとプレミアリーグ王者のマンチェスター・シティでも中心を担う29歳のMFがその起用に見事に応えてみせた。

 後半9分、右サイドを突破したFWロメル・ルカクからのパスをペナルティエリア内で受けたデ・ブライネはDF2人をかわし、フリーの味方へラストパスを供給。これをMFトルガン・アザールがゴールへと押し込み、試合を振り出しに戻した。

 さらに同25分、ベルギーは右サイドからリズミカルにパスを繋いで左サイドへ展開すると、フリーで走り込んだデ・ブライネが左足を一閃。抑えの効いた鋭いシュートがGKのニアサイドを破ってネットを揺らした。EURO2020大会公式ツイッターは「ゴール・オブ・ザ・ラウンド」の候補としてこのゴラッソを取り上げた。

 途中出場から1得点1アシストと怪我の影響を微塵も感じさせない圧巻のパフォーマンスを見せたデ・ブライネ。スポーツ専門放送局「ESPN」のサッカー専門ツイッター「ESPN FC」は負傷から2週間あまりで復帰したプレーメーカーを「ベルギーのヒーロー」と称し、その活躍を称えた。

 デンマークもフィンランド戦で倒れた10番MFクリスティアン・エリクセンのためにと序盤から気持ちの入ったプレーを見せてリードを奪ったが、デ・ブライネの投入でギアの上がったベルギーがそれを上回る結果となった。FIFAランキング1位で、“レッドデビルズ”の愛称で知られるベルギーはグループステージ2連勝で決勝トーナメント進出を確定させた。

Football ZONE web編集部