元日本代表FW播戸竜二の公式YouTubeチャンネルで小笠原、遠藤らの印象を語る

 元日本代表FWで、現在はサッカー解説者として活躍する播戸竜二氏は、公式YouTubeチャンネル「播戸竜二のおばんざい屋」で、北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二と対談。コラボ企画後編では、同世代のMF小笠原満男氏(現鹿島アントラーズ・アカデミーアドバイザー)やMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)について語っている。

 播戸氏と小野は、「黄金世代」と呼ばれた1979年生まれで、1999年4月のワールドユース(現・U-20ワールドカップ)では準優勝を経験している戦友だ。YouTubeのコラボ対談前編では、札幌復帰の経緯や、41歳でのJ1復帰が話題に。ほかにも、1999年7月のシドニー五輪アジア1次予選フィリピン戦での大怪我、日本代表入りを意識するようになった出来事、サッカー選手としての飛躍につながったエピソードなどで盛り上がった。

 今回の対談後編では、播戸氏、小野のほか、MF稲本潤一(SC相模原)、FW高原直泰(沖縄SV)、MF本山雅志(クランタン・ユナイテッド)、遠藤ら、錚々たる同世代の選手との思い出話からトークが始まる。

 その後、播戸氏が「伸二がこの選手すごいって思う日本の選手でベスト3を挙げるなら誰がいる?」と切り込むと、小野は「俺、そういうの好きじゃないんだよね」と一刀両断。「どの選手も持ち味が違うわけで、それを優劣つけるっていうのは難しいよ」と断りつつも、播戸氏が挙げる選手に関する印象を述べていく。

 高校時代に「西の稲本、東の小野」と比較された稲本のほか、小野は小笠原についても「みっちゃん(小笠原)はまさかあそこ(2018年限り)で辞めるとは思わなかった。技術は間違いないから。ピカイチだし。彼からいろんなものを鹿島アントラーズのアカデミーの子たちは多くを学んでほしい」と、メッセージを送った。

 また、1980年早生まれで、先日Jリーグ通算700試合出場を達成した遠藤にも言及。「ヤットはどっちかというと別格じゃん。代表でもそうだし、記録もすごいじゃん。俺らの代の代表として頼もしいし、それを見て俺ももっとゴールしたいなって思える」と語り、そういった戦友たちの存在が41歳にして今なお現役を続ける原動力になっていると笑顔で明かしていた。

 そのほかにも、小野にとって雲の上の存在という選手らについても話しており、注目の内容となっている。

Football ZONE web編集部