元日本代表FW播戸竜二の公式YouTubeチャンネルで“黄金世代対談”

 元日本代表FWで、現在はサッカー解説者として活躍する播戸竜二氏は、公式YouTubeチャンネル「播戸竜二のおばんざい屋」で、北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二と対談。コラボ企画後編では、小野が1歳年上の元日本代表MF中村俊輔(横浜FC)や、3歳年上の元日本代表MF中田英寿氏についても言及している。

 播戸氏と小野は、「黄金世代」と呼ばれた1979年生まれで、1999年4月のワールドユース(現・U-20ワールドカップ)では準優勝を経験している戦友だ。YouTubeのコラボ対談前編では、札幌復帰の経緯や、41歳でのJ1復帰が話題に。ほかにも、1999年7月のシドニー五輪アジア1次予選フィリピン戦での大怪我、日本代表入りを意識するようになった出来事、サッカー選手としての飛躍につながったエピソードなどで盛り上がった。

 今回の対談後編では、播戸氏、小野のほか、MF稲本潤一(SC相模原)、MF遠藤保仁(ジュビロ磐田)、FW高原直泰(沖縄SV)、MF本山雅志(クランタン・ユナイテッド)ら、錚々たる同世代の選手との思い出話からトークが始まる。

 その後、播戸氏が「伸二がこの選手すごいって思う日本の選手でベスト3を挙げるなら誰がいる?」と切り込むと、小野は「俺、そういうの好きじゃないんだよね」と断りつつも、播戸氏が挙げる選手に関する印象を述べていく。話題に挙がった1人が、1歳年上にあたる天才レフティーの中村俊輔だ。

「しゅんくん(中村)は今までやってきた中で一番上手い選手。シドニー五輪の予選とかも一緒にやらせてもらって、この人はめっちゃ合うというか、すべてが分かるんだよね。俺らの世代も若い世代もあの人を追いかけて、みんな生きてきたんじゃないかなって思う」

 さらに、小野は3歳年上の中田英寿氏についても言及。1998年9月13日に行われた名門ユベントスとの開幕戦、0-3で迎えた後半7分に個人技でゴールをこじ開けてセリエA初ゴール、さらにその7分後に相手GKが弾いたボールをハーフボレーで押し込んだ光景が印象に残っているのだという。

「ヒデさんはペルージャに行って、開幕戦を寮で見てゴールして叫んでたもんね。すげえなって。1点とかじゃなくて、2点取っちゃってるからね。開幕戦でゴール、しかも相手はユベントス。これは相当強靭なメンタルがないと無理。本当に成功者だよね」

 小野は今年9月に42歳を迎えるが、同世代や様々な選手たちから刺激を受け、“サッカー小僧”の道を今なお突き進んでいる。

Football ZONE web編集部