湘南MF山田直輝とDF岡本拓也が“古巣”浦和戦でゴール

 湘南ベルマーレは、20日のJ1リーグ第18節で浦和レッズとのアウェーゲームに臨み、3-2と逆転勝利を収めた。元浦和の湘南MF山田直輝とDF岡本拓也が、“古巣対決”でそれぞれゴール。決勝点を決めた岡本は、「決めた瞬間に頭が真っ白になりました」と振り返っている。

 湘南と浦和は今季ルヴァンカップのグループステージで同組になったが、山田はいずれも出番がなかった。そして、古巣浦和とのアウェーゲームはすでに過去にも経験してきたが、「埼スタで対浦和のスタメンが初めて。それが嬉しかったし、自分が元気にしている姿を見せないといけなかった」と、この試合への思いは強かった。

 そして、先制を許した後の前半27分、味方のボールカットからゴール前に進出すると、後ろから入ってきた山田が右足でゴール。それまで苦しい時間帯が続いただけに「得点が入る少し前にやり方を少しだけ変えて、あの時間帯に追いつけたことで心の中の余裕が出た」と振り返った。

 その後、浦和と湘南が1点ずつを奪って2-2の同点で試合はラスト15分に。そこで投入されたのが岡本だった。「(ベンチスタートに)悔しさはあったけど気持ちを切り替えて、出た時にどういうプレーができるかにフォーカスしていた」という岡本が、勝ち点3をつかみ取るゴールを奪ったのは後半42分だった。

 左サイドから元浦和のMF梅崎司がクロスを入れると、相手のクリアが逆サイドの岡本までこぼれた。そして「ファーストタッチが決まって、しっかり振り抜けた」という左足シュートがネットを揺らす。浦和の下部組織出身でトップ昇格してプロキャリアをスタートさせただけに、過去には「埼スタは自分にとって特別なんです」と話していた岡本は喜びを爆発させた。

決勝点の岡本「このスタジアムで、皆さんの前で自分を表現したかった」

「このスタジアムで、皆さんの前で自分を表現したかった。このスタジアムは自分の力以上のものを引き出してくれると思いました。本当に、決めた瞬間に頭が真っ白になりましたし、埼スタで初ゴール。ようやく夢が一つ叶った。小さい頃から浦和レッズのファンだったし、ここでプロになって、デビューしたクラブなので特別な思いがありますね。今は違うチームだけど、埼スタで自分を表現することができて嬉しい」

 山田もまた「自分の得点が勝利につながったのは嬉しい」と笑顔で試合を振り返った。浦和で中心選手になる期待もかけられながら、違うキャリアを選択することになった2人だが、かつてのホームスタジアムで見事な輝きを見せて湘南に勝ち点3を持ち帰った。

Football ZONE web編集部