憧れの五輪への切符を勝ち取る「幸せな気持ちを感じている」

 東京五輪に出場するU-24日本代表は22日、本選に臨むメンバーを発表。18人入りを果たした名古屋グランパスのMF相馬勇紀は、オンライン記者会見で2日間にわたってメンバー発表の夢を見ていたことを明かした。

 森保一監督は東京五輪のメンバー18人を発表し、MFにはオーバーエイジの遠藤航(シュツットガルト)をはじめ、久保建英(ヘタフェ)、堂安律(ビーレフェルト→未定)、三笘薫(川崎フロンターレ)、三好康児(アントワープ)、田中碧(川崎フロンターレ)、相馬の7人を発表した。

 東京五輪出場を目標に掲げてきた相馬は、「本当に嬉しい。オリンピックを戦うことに幸せな気持ちを感じている」と率直な感想を口にした。

 相馬は22日のメンバー発表を前に、2日間にわたってメンバー発表の夢を見ていたという。

「一昨日、昨日と代表発表の夢を見ました。それだけ、意識していたのかなと。一昨日が落ちて、昨日が合格(選出)されました(笑)」

 相馬は森保監督が選考基準に挙げたこの打開力、守備力、チームのためにハードワークできる献身性をすべて兼ね備えている。自分の特徴を出し、本選でも結果を残したいと意気込みを語る。

「僕は自分と似ている選手がいないと思っていて、爆発的なところ、入れ替わるところ、縦に運べるところが違うかなと。得点、アシストで結果を残したいし、ハードワーク、守備でチームのために戦って、金メダルを取って帰りたいです」

 身長165センチの小さなアタッカーが、世界の大舞台で活躍を目指す。

Football ZONE web編集部