【ドイツ発コラム】アタランタで飛躍したドイツ代表MFゴセンス、ポルトガル戦で3ゴールに絡む大活躍

 ビッグトーナメントでは、シンデレラストーリーがつきものだ。

 ある試合の爆発的なパフォーマンスをきっかけに一気に世間の注目を集め、そこからどんどん階段を駆け上っていく選手がいる。今回の欧州選手権(EURO)に出場しているドイツ代表では、MFロビン・ゴセンスがまさにそんな選手になるかもしれない。

 現在イタリア・セリエAのアタランタでプレーする27歳のゴセンスは遅咲きだし、そのキャリアの歩み方は他のプロ選手と比べてかなり独特だ。これまで一度も年代別代表に選出されたこともなければ、ブンデスリーガの育成アカデミーに所属した経験もない。ドルトムントのトライアルを受けたことがあるが不合格。

「僕の人生における最大のチャンスだと思って臨んだんだけど、どのパスも5メートルずれたり散々だった」(ゴセンス)

 17歳までアマチュアクラブでプレーしていたゴセンスは、オランダのフィテッセからスカウトを受けU-19チームでプレー。その後、15年に20万ユーロでヘラクレス・アルメロへ、そして17年に117万ユーロでアタランタへ移籍。そこでブレイクし、チーム内でレギュラーを獲得。チームは3年連続UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場を果たし、2019-20シーズンはベスト8進出、今季も決勝トーナメント進出を成し遂げている。

 決して大きなクラブではないアタランタが、欧州最高峰の舞台で輝かしい成功をあげ続けているのはサッカー界にとっても素晴らしい話だ。そのなかで主力として活躍しているゴセンスなのだが、いかんせんドイツ国内では知名度が低い。

 そんな彼のもとにドイツ代表監督ヨアヒム・レーブが電話をかけてきた時の逸話が、ドイツメディアで紹介されていた。

 運命の電話が鳴った時、ゴセンスは恋人と車で休暇へ向かう道中だった。携帯のモニターに映ったのはヨアヒム・レーブの名前。

「ちょうどトンネルに入る前だったんだ。『え、これ電話を受けて、トンネルで電波が切れちゃったらどうしよう?』とかいろいろなことを一瞬で考えた。すぐにハザードボタンを押して、車を路肩に止めることにしたんだ」

オランダからもA代表招集の誘い…悩んだ末にドイツを選択

 電話の向こうでレーブは、ベルガモのコロナの状況を心配そうに尋ねてきたという。ベルガモは当時、イタリアのなかでも厳しい状況になっていた。その後、昨季(19-20シーズン)のパフォーマンスについて話が移っていった。

「監督は僕の昨シーズンについて話してくれて、それからドイツサッカー協会が何度も視察して、僕のパフォーマンスは代表招集にふさわしいものだったって言ってくれたんだ」

 本来レーブは20年3月に予定されていたイタリアとスペインとの親善試合でゴセンスを招集したかったのだが、両試合ともコロナの影響で中止になっていた。

「監督は僕がドイツ代表でプレーしていることを望んでいて、次の代表戦で招集したいと話してくれた。信じられない気持ちでいっぱいだったよ。夢のような話だ。メディアで噂話が出ていたのは知っていたけど、まさかって思った。恋人も隣で聞いていたんだけど、電話が終わったあと、最初2人とも黙ったままだった。そのあと車をまた運転したんだけど、トンネルの中では喜びのあまりクラクションを鳴らし続けてしまった(苦笑)」

 その後、休暇先のホテルに着いたゴセンスは、両親に電話で自分の夢が叶ったことを伝え、その後、親友にだけ連絡をした。

 レーブがゴセンスに連絡をしたその数日前、実は当時のオランダ代表監督ロナルド・クーマンからもコンタクトがあった。ゴセンスの父親はオランダ人で、母親がドイツ人。オランダとの国境近いエンメリッヒで生まれた。ゴセンスはドイツとオランダの国籍を持っている。

「昨シーズンのことを祝福してくれて、オランダ代表についての話をしてくれたんだ」

 クーマンは即答を求めなかった。じっくり考えて、次の代表戦2週間前に答えを聞かせてほしいと告げていた。ゴセンスは悩んだ末に、ドイツ代表でプレーすることを選ぶ。

「レーブ監督も、僕がオランダ代表でプレーできることを知っていた。どちらの国のほうに僕の心が近いと感じているかで決めた。僕にとって、それはドイツだった。ドイツで生まれ育ったし、結びつきはドイツのほうが強いんだ。2つのサッカー大国の間で決断をしなきゃいけないなんて、それもすごく信じられないことなんだけど」

夢にまで見たドイツ代表、負けられない一戦でチームを救うパフォーマンス

 夢にまで見た代表チームでプレーできるというだけでも喜びだったが、今、ゴセンスはドイツ代表のレギュラーとしてEUROを戦うチームをけん引するプレーを見せている。

 フランスとの開幕戦に0-1で敗れていたドイツにとって負けることが許されなかった19日のポルトガル戦(4-2)で、ゴセンスは1得点1アシストに相手のオウンゴールも誘発し3ゴールに絡む大活躍。それ以外にも気持ちを感じさせるプレーの連続でファンを魅了した。つい最近まで、ゴセンスにとって代表戦はパブリックビューイングで恋人や仲間と一緒に応援するものだったが、今は違う。彼のプレーがスタジアムの、そして画面の向こうのファンを熱狂させているのだ。

 27歳の遅咲きアタッカーは、今大会のドイツ代表の浮沈のカギを握る存在かもしれない。

Football ZONE web編集部