U-24メキシコ代表に2-1勝利 出場メンバー14選手を5段階査定

 森保一監督の率いるU-24日本代表は25日、東京五輪のグループリーグ第2節を迎え、埼玉スタジアムで難敵メキシコ代表と対戦した。初戦でフランス代表に4-1と快勝し、グループ首位に立っていた相手に対し、日本は開始早々の前半6分にMF久保建英(レアル・マドリード)が先制点を挙げると、その5分後にもMF堂安律(PSV)がPKを決めてリードを広げる。

 後半はメキシコが反撃に転じ、守勢となる時間帯が長くなったが、カウンターで抜け出した堂安を止めにきたDFホアン・バスケスが一発退場となり、日本は数的優位を得た。その後、セットプレーから今大会初失点を喫したが、2-1で逃げ切った日本が連勝を飾った。グループリーグ2連勝という結果をつかんだ試合で、各選手はどのようなパフォーマンスを見せたのか。出場14選手を5段階評価(最高が五つ星=★★★★★)で査定した。

<GK>
■谷 晃生(湘南ベルマーレ)=★★★★☆
 前半17分のマルティンの反転シュートを落ち着いて処理。ボールを見失う形で今大会初失点を喫したが、試合終了間際にはビッグセーブでゴールと勝ち点3を守った。

(出場なし)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

<DF>
■酒井宏樹(浦和レッズ)=★★★★★
 開始早々に縦パスを堂安に通して、先制点の起点になる。右サイドでの守備は堅く、1対1で相手を止め、シュートをしっかりブロックする場面も。ピンチを招く場面も皆無に等しかった。

■吉田麻也(サンプドリア)=★★★★☆
 ハイボールやロングボールに対して、高さと強さを持ってはじき返す。最終ラインをコントロールしながらも、カバーリングも的確にこなし、守備に安定感をもたらした。

■板倉 滉(フローニンゲン)=★★★☆☆
 全体的には南アフリカ戦に続き、安定した守備を見せた。後半18分にオフサイドに助けられたが、後方からペナルティーエリア内に侵入してくる相手を見逃し、あわや失点の危ない場面も。

■中山雄太(ズウォレ)=★★★★☆
 初戦よりも守備のタスクが求められたなかで、対峙したFWディエゴ・ライネスに粘り強く対応して決定的な仕事をさせなかった。数的優位となってからは、前に出てクロスを入れる場面も見られた。

(出場なし)
旗手怜央(川崎フロンターレ)
橋岡大樹(シント=トロイデン)

ゴールを決めた久保&堂安、終盤で攻守を司った遠藤を最高評価

<MF>
■遠藤 航(シュツットガルト)=★★★★★
 元日本代表DF内田篤人もMVPに推す出来。中盤で高いボール奪取力をいかんなく発揮し、相手のボールを奪い取ってからのプレーも良く、自ら運ぶ時と味方を活かす時の判断も的確だった。

■田中 碧(デュッセルドルフ)=★★★★☆
 南アフリカ戦以上に、守備面で体を張る場面が多く、しっかりと相手のボールを奪い取った。密集状態のなかでも相手のプレスを回避できる技術も随所に利いていた。

■堂安 律(PSV)=★★★★★(→後半34分OUT)
 右サイドから久保の先制点をアシストし、PKのチャンスを確実に生かして今大会初ゴールを記録。後半23分にも鋭い飛び出しからDFホアン・バスケスを一発退場させて数的優位の状況を作った。

■三笘 薫(川崎フロンターレ)=★★★☆☆(←後半34分IN)
 途中出場で今大会初出場を果たす。終盤に相手が反撃に転じていた時間帯でプレーすることになり、見せ場は作れなかったが、ドリブルでファウルを誘う場面もあった。

■久保建英(レアル・マドリード)=★★★★★
 この試合でも先制点を挙げて、2試合連続ゴールで勝利に大きく貢献。その他の場面でも積極的にゴールを狙う姿勢を見せ、速さと巧さを兼ね備えたドリブルでもメキシコ守備陣の脅威になり続けた。

■相馬勇紀(名古屋グランパス)=★★★★☆(→後半20分OUT)
 前半11分にペナルティーエリア内で仕掛けて、貴重なPKを奪取。その後は相手がポゼッションを高めてくるなかで、サイドで粘り強い守備を見せて奮闘した。後半、相手に削られた足の状態は気がかりだ。

■前田大然(横浜F・マリノス)=★★★☆☆(←後半20分IN)
 本職のFWではなく左サイドで途中出場し、試合の終盤に三笘の投入後は右サイドに移り、ユーティリティー性を見せた。カウンターからゴール前に入り、得点への意欲も示す。

(出場なし)
三好康児(アントワープ)

林は力強いポストプレーに加え、守備面でも気の利いた働きを披露

<FW>
■林 大地(サガン鳥栖)=★★★★☆(→後半34分OUT)
 前半の終了間際に不用意なボールロストでピンチを招いたのは反省材料だが、攻守に貢献度は高かった。特に後半は最前線でボールを収め、ポストプレーからチャンスを演出。負傷した相馬のカバーや自陣ゴール前まで戻って守備を見せた。

■上田綺世(鹿島アントラーズ)=★★★☆☆(←後半34分IN)
 短い出場時間であったことに加え、メキシコが反撃に出た時間帯でもあり、決定的な仕事をするには難しい状況だった。

Football ZONE web編集部