ゴールラインを割ったようにも見えた後半25分のシーンにチリメディアが疑惑の目

 なでしこジャパン(日本女子代表)は27日、東京五輪グループリーグ(GL)第3戦でチリ代表(宮城スタジアム)と対戦し、FW田中美南の決勝ゴールにより1-0で勝利し準々決勝への切符を手にした。一方で対戦国メディアは、後半25分にゴールラインに落ちたボールがノーゴールと判定されたジャッジに”疑惑”の目を向けている。

 問題となったのは、スコアレスで迎えた後半25分のシーンだ。日本のゴール前へ攻め込んだチリは、MFヤナラ・アエドからのクロスに反応したMFフランシスカ・ララがヘディングシュート。ボールはクロスバーを直撃し、そのままゴールライン上で落下する。これをGK山下杏也加が掻き出したものの、ゴールラインをボールが越えたか判断の難しいほどのものだった。

 結局、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からのゴールの合図はなく、試合はそのまま続行。その後、日本が途中出場の田中による決勝ゴールで勝利したが、”疑惑の判定”にチリメディア「redgol」は「ゴール未回収時の論争と疑念」と見出しを打ち、「主審とVARによって地元へ有利に判定された。ボールが入ったかどうかについては、意見が分かれている。ホンジュラスのメリッサ・ボルハス主審は、音声でVARを確認しただけで、チリのゴールを退けた。しかし、この論争と疑念は長く続くだろう」と指摘している。

 実際、問題のシーンでは見方によってチリのゴールとも捉えられる際どいものだったのは事実で、チリにとっては納得しがたい判定だっただろう。今大会ではゴールラインテクノロジーが導入されていなかったこともあり、議論を呼ぶことになりそうだ。

Football ZONE web編集部