FWランダル・コロミュアニが、MF三好のふくらはぎ部分を踏みつける行為

 U-24日本代表は28日、東京五輪サッカー男子のグループリーグ第3戦でU-24フランス代表と対戦。日本が3点リードで迎えた後半29分、フランスFWランダル・コロミュアニがMF三好康児に対し、”足裏踏みつけ”行為をはたらき、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)確認後、危険プレーで一発退場となった。

 問題のシーンは後半29分、ピッチ手前側のタッチライン際で、ボールを競り合った際に発生。ボールをキープする三好に対し、コロミュアニは足の裏側で三好のふくらはぎ部分を踏みつける行為を見せた。意図的とも捉えかねないプレーに、主審はオンフィールド・レビューで確認。その後、コロミュアニに対しレッドカードが提示され、危険プレーで一発退場となった。

Football ZONE web編集部