「MBC」は問題となった開会式で、事前に字幕を確認していたがまさかの“スルー”

 韓国の放送局「MBC」は、25日に行われた東京五輪男子サッカーのグループリーグ第2戦・韓国対ルーマニア戦(4-0)で、相手選手のオウンゴールに関して、不適切な字幕を出して波紋を呼んだ。放送局の社長が謝罪会見を開く事態にまで発展したが、母国メディアは開会式で不祥事を犯した制作スタッフによる“ミスの再発”だったことを指摘している。

 韓国はルーマニアと対戦したグループリーグ第2戦、0-0で迎えた前半27分にFWイ・ドンジュンが右サイドからゴール前へクロスを上げると、スライディングでクリアを試みたルーマニアMFマリウス・マリンのボールが無情にも自軍のネットに突き刺さり、オウンゴールとなった。

 その後、前半45分にルーマニアMFイオン・ゲオルゲが2枚目のイエローカードで退場となり、数的優位に立った韓国。途中出場のイ・ガンインがPKを含む2ゴールを挙げるなど、4-0で勝利を飾った。この一戦の前半終了後、「MBC」は広告映像の画面右上で1-0のスコアを伝えるテロップを掲出した際、「ありがとう、マリン」という文字まで出す軽率な行動を犯してしまったのだ。

「MBC」は23日の五輪開会式の中継で、ウクライナ選手団の入場行進の際に1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の写真を示してウクライナを紹介。インターネット上などで批判が相次ぎ、「不適切な写真を使用した」と謝罪していた。相次ぐ不祥事に、同局のパク・ソンジェ社長は26日に記者会見を開き、「世界的に新型コロナウイルスが猛威をふるう状況で、地球人の友情や連帯、和合というオリンピック精神を毀損する放送を行った。心に傷を負った該当国家の国民と失望された視聴者のみなさんに最高責任者として深く謝罪する」と謝罪。今後は再発防止対策を強化し、「視聴者たちの信頼を回復させる」と誓った。

 そのなかで、韓国紙「朝鮮日報」は「MBC、開会式の“参加国侮辱”字幕、リハーサルですべてのサブタイトルを確認するもスルー」との見出しで、「MBC」のずさんな体制を明らかにしている。

開会式で不祥事を起こした同じ字幕チームが韓国対ルーマニア戦で再びミス

「MBC労働組合によると、オリンピック中継に関わる製作スタッフが、開会式中継の字幕や写真を事前にすべて見ていたという。ところが、参加国を侮辱するような字幕や写真の使用の誤りについて修正を指摘していなかった。常識に反する内容がなんの指摘も受けずにスルーされ、放送局MBC内部の制御機能が完全に崩壊していたのだ」

 記事によれば、事前に確認する場があったにもかかわらず、ウクライナの紹介において誰も疑問を持たず、そのままゴーサインが出ていたという。そして、その字幕チームが、2日後のルーマニア戦でもミスを犯したというのだ。

「しっかりとした組織であれば、ミスを正し、過ちを繰り返さないようにする。しかし、MBCは再び字幕事故を起こした。ルーマニアのマリン選手のオウンゴールに『ありがとう、マリン』と字幕を入れたのだ。オウンゴールを犯した選手を事実上、嘲笑したと批判が殺到した。放送局がこのような字幕を出すことは、スポーツ精神に反するだけでなく、絶対にしてはならないことだ。だが、開会式の大事故から2日で再び事故が起こった。開会式の中継を担当した字幕チームが同じ過ちを繰り返したという」

 28日のグループリーグ第3戦でホンジュラスを6-0で下し、B組首位で決勝トーナメント進出を果たした韓国。31日に行われる準々決勝ではA組2位のメキシコと対戦するが、ピッチ外の騒動も引き続き大きな注目を集めそうだ。

Football ZONE web編集部