U-24フランス代表に4-0勝利、出場メンバー16選手を5段階査定

 森保一監督の率いるU-24日本代表は28日、東京五輪のグループリーグ最終戦を迎え、横浜国際総合競技場でU-24フランス代表と対戦した。ここまで2連勝の日本は、前半27分にMF久保建英(レアル・マドリード)の3試合連続ゴールで先制すると、その7分後にもDF酒井宏樹(浦和レッズ)が追加点を決め、前半を2点リードで折り返した。

 後半にもMF三好康児(アントワープ)が左足でゴールを決めてリードを広げた日本に対し、フランスは後半28分にFWランダル・コロミュアニが危険なファウルで一発退場となる。数的優位を生かした日本は、アディショナルタイムにもカウンターからFW前田大然(横浜F・マリノス)がダメ押しのゴールを決めて、4-0と完勝した。この試合で、各選手はどのようなパフォーマンスを見せたのか。出場16選手を5段階評価(最高が五つ星=★★★★★)で査定した。

<GK>
■谷 晃生(湘南ベルマーレ)=★★★★☆
 枠に飛んできた最初のミドルシュートをしっかりと処理。その後も的確なポジショニングで枠に飛んだシュートを阻み、FKにも対応。無失点に大きく貢献した。

(出場なし)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

<DF>
■酒井宏樹(浦和レッズ)=★★★★★(→後半10分OUT)
 長く海外で戦ってきた経験を活かして、フィジカルの高い相手に隙のない対応。中央でのFWアンドレピエール・ジニャクへの対応も冴えた。前半34分には戻りが遅れた相手の背後を突いて、上田のシュートのこぼれ球を押し込んでゴールも記録した。

■橋岡大樹(シント=トロイデン)=★★★☆☆(←後半10分IN)
 累積警告により次戦が出場停止となった酒井に代わって登場すると、出場直後に右サイドで縦に仕掛けて精度の高いクロスを旗手に送る。その後も安定感のあるプレーを見せ、試運転を無事に終えた。

■吉田麻也(サンプドリア)=★★★★☆
 フランスのエースであるジニャクをしっかりと封じ込め、高い守備能力をあらためて証明。冨安とのコンビネーションも良く、決勝ラウンドへの期待値が増すパフォーマンス。

■冨安健洋(ボローニャ)=★★★★☆
 ベンチ入りもできなかった2試合を経て、いきなり先発で起用される。上田のバックパスで危ない場面になりかけたが、冷静な守備を見せて何事もなかったように対処。

■中山雄太(ズウォレ)=★★★★☆
 左サイドで相手を封殺。一列前に入った旗手とも良いコンビネーションを見せて、攻撃に絡む場面も。試合終盤はボランチでプレーし、ユーティリティー性を示した。

3試合連続ゴールで高評価の久保、攻撃面で控えだった堂安

<MF>
■遠藤 航(シュツットガルト)=★★★★☆(→後半27分OUT)
 必要な場所で必要な仕事を確実にこなす職人的プレーで中盤を引き締めた。ボールを持てる時間帯に、相手の出方に応じたパス回しで余裕をもたらす。

■板倉 滉(フローニンゲン)=★★★☆☆(←後半27分IN)
 冨安の復帰に応じてベンチスタートになったが、遠藤に代わり今大会初めてボランチに入る。中山がボランチに入るなど、これまでとは新しい組み合わせのなかでも冷静にプレー。

■田中 碧(デュッセルドルフ)=★★★★☆(→後半35分OUT)
 久保の先制ゴールにつながる縦パスを出し、得点を演出した。フィジカル能力の高い相手に対しても、体をぶつけて対抗。遠藤とともに攻守に十分な働きをした。

■前田大然(横浜F・マリノス)=★★★★☆(←後半35分IN)
 田中と交代で入り、左サイドハーフでプレー。しっかりとゴール前まで走り切り、相馬からのパスをゴールに結びつけた決定力はさすが。

■堂安 律(PSV)=★★★☆☆(→後半27分OUT)
 良い動き出しを見せた場面でも、上田との呼吸が合わない場面が散見したのは気がかりなポイント。守備ではチームに貢献したが、相手の警戒も強く、攻撃面では控えめだった。

■相馬勇紀(名古屋グランパス)=★★★☆☆(←後半27分IN)
 試合の大勢がほぼ決まったなかで、多くの選手がポジションチェンジをしたこともあり、難しい状況だった。それでも試合終了間際には、冷静に前田のゴールをお膳立てした。

■久保建英(レアル・マドリード)=★★★★★(→ハーフタイムOUT)
 先制点の場面では上田にパスをさばいてから、ゴール前に上がって抜け目なくゴールを奪った。3試合連続ゴールでチームを勝利に導く。前半でお役御免。

■三好康児(アントワープ)=★★★☆☆(←ハーフタイムIN)
 後半のキックオフ時からピッチに入る。リズムをつくるのには苦しんだものの、旗手からの折り返しから、正確な左足シュートでゴールを決め、日本の勝利を決定づけた。

■旗手怜央(川崎フロンターレ)=★★★☆☆
 中盤の左サイドで東京五輪初先発。積極的にミドルシュートを放って存在感を放つ。先制点の場面でもゴール前に詰めたことで、久保にシュートを打つスペースを作る。橋岡からのクロスをフリーで受けたヘッドは決めるべきだった。

(出場なし)
三笘 薫(川崎フロンターレ)

積極的にゴールを狙い2つのゴールに絡んだ上田

<FW>
■上田綺世(鹿島アントラーズ)=★★★★☆
 ボールが入ってくると積極的にゴールを狙う。前半にはエリア内で難しい体勢からもしっかりとシュートを枠に飛ばして、2つのゴールをアシスト。コンディションが上がってきたことを示した。

Football ZONE web編集部