スウェーデンGKリンダールが試合後にSNSで準決勝進出の喜びとともに日本に配慮

 スウェーデンは7月30日、東京五輪女子サッカーの準々決勝で開催国の日本を3-1で破り、ベスト4に駒を進めた。フル出場したGKヘドヴィグ・リンダールは試合後にインスタグラムを更新し、「ゲームとおもてなし、日本に感謝します」と思いを綴っている。

 FIFAランキング5位のスウェーデンは、前回の2016年リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得。19年女子ワールドカップ(W杯)では3位と、近年の国際大会でコンスタントに好成績を残してきた。

 そして今回の東京五輪に向けては福岡で事前合宿を実施し、21日に東京スタジアムで行われた開幕戦でFIFAランキング1位の“絶対女王”アメリカに3-0と快勝。勢いに乗ったチームは、24日に埼玉スタジアムで開催された第2戦でもオーストラリアを4-2で破り、2連勝でベスト8進出を決めた。そして27日に宮城スタジアムで行われたニュージーランドとの第3戦にも2-0で勝利し3連勝、9得点・2失点という充実した内容で首位通過を決めた。

 迎えた日本戦、グループリーグ最初の2試合でゴールマウスを守ったリンダールは、先発に復帰。FW田中美南に一度は同点とされるゴールを決められたが、チームが逆転したあとは失点を許さず、3-1の勝利に貢献した。

 これまで、自身のインスタグラムで東北新幹線や宮城の夜景の写真をアップするなど、日本の素晴らしさを積極的に発信してきたリンダール。試合後には、なでしこのGK山下杏也加と握手をかわす一枚を公開するとともに、思いを綴っている。

「ゲームとおもてなし、日本に感謝します。あなたのチームはとても良い試合をしました。準決勝に出場できてとてもうれしいですが、日本の選手や人々の悲しみを感じています。今後ともよろしくお願いいたします」

 スウェーデンは8月2日、準決勝でオーストラリアと対戦予定。リンダールは日本での生活を楽しみつつ、金メダル獲得に向かって突き進む。

Football ZONE web編集部