FWヤコブソンがDF清水梨紗に言葉をかけるシーンにスウェーデン紙が注目

 東京五輪サッカー女子の準々決勝が7月30日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)はスウェーデンに1-3で敗れベスト8で姿を消した。開催国としてメダル獲得を目指しながら今大会好調のスウェーデンに力負け。試合後はピッチ上で失意に暮れたが、スウェーデン紙はFWソフィア・ヤコブソンが涙を流して座り込むDF清水梨紗を慰めるシーンにスポットライトを当て、舞台裏について聞いている。

 FIFAランキング5位のスウェーデンは、前回の2016年リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得。19年女子ワールドカップ(W杯)では3位と、近年の国際大会でコンスタントに好成績を残してきた。

 そして今回の東京五輪に向けては福岡で事前合宿を実施し、21日に東京スタジアムで行われた開幕戦でFIFAランキング1位の“絶対女王”アメリカに3-0と快勝。勢いに乗ったチームは、24日に埼玉スタジアムで開催された第2戦でもオーストラリアを4-2で破り、2連勝でベスト8進出を決めた。そして27日に宮城スタジアムで行われたニュージーランドとの第3戦にも2-0で勝利し、3連勝で首位通過を決めた。

 迎えた日本戦、スウェーデンは開始早々の前半7分にDFマグダレナ・エリクソンのゴールで先制。同23分になでしこジャパンのFW田中美南のゴールで同点に追いつかれるも、後半8分に勝ち越すと、同23分にはMFコソバレ・アスラニがPKを決めて3-1と勝利した。

 2大会連続のメダル獲得へ前進し歓喜の表情を見せていたスウェーデンだが、地元紙「アフトンブラーデット」公式ツイッターが「ソフィア・ヤコブソンの素晴らしい行動」と綴って投稿したのは、試合直後に撮影された1枚の写真。ヤコブソンが敗戦に涙を流して座り込む清水のもとへ歩み寄り、言葉をかけている様子を捉えたものだった。

 記事では、「ソフィア・ヤコブソンは試合終了のホイッスルのあと、清水梨紗を慰めることを選んだ」と言及。ヤコブソンは「彼女たち(日本)はとても良いプレイをしたと思う。ピッチ上で戦うのはいつもタフ。それはお互いによく理解している」と、見当を称える意図だったことを明かしている。

 また、同紙によれば、清水はピッチをあとにした後もまだ涙ぐみ、ヤコブソンから「(日本は)良かったと言ってくれた」とやり取りについて語ったという。

 国を背負って大舞台を戦った者同士だからこそ、分かり合えることもある――。そんなことを感じさせる光景だった。

Football ZONE web編集部