メキシコに3-6で敗れ8強敗退、韓国メディアは守備面の不安が露呈されたと指摘

 U-24韓国代表は7月31日、東京五輪サッカー男子の準々決勝でU-24メキシコ代表と横浜国際総合競技場で対戦し、3-6と大敗した。前半から激しい点の取り合いとなったものの、守備が崩壊した末に大量6失点を喫してのベスト8敗退。この結果を受けて韓国メディアは「横浜の恥辱」「メダルの夢飛んだ大惨事」といった言葉で衝撃の敗戦を伝えている。

 B組を2勝1敗で首位通過した韓国は、A組2位のメキシコと対戦。前半12分、サイドからのクロスをゴール前に折り返され、メキシコFWエンリ・マルティンに押し込まれて先制を許す。しかし韓国も同20分、10番を背負うMFイ・ドンギョンがペナルティーエリア外から強烈な左足ミドルを突き刺し、同点に追いついた。

 だが同30分、メキシコMFルイス・ロモにクロスをトラップ&ダイレクトボレーで決められて勝ち越されると、同39分にはPKを決められ2点ビハインドで前半を折り返した。

 後半開始から3人を交代して状況打開を図った韓国。後半6分にイ・ドンギョンがペナルティーエリア内左から強烈な左足シュートを突き刺して1点差に詰め寄ったが、そのわずか3分後に失点。さらに同18分にMFセバスティアン・コルドバに強烈なミドルシュートを叩き込まれると、同39分には途中出場のFWエドゥアルド・アギーレにダメ押しの6点目を奪われた。終了間際に1点を返したものの、3-6でベスト8敗退となった。

 この衝撃の大敗を韓国メディアも速報。スポーツ総合サイト「スポーツトゥデイ」は「『横浜の恥辱』韓国、メキシコに3-6完敗…8強脱落」との見出しで報じると、スポーツ紙「MKスポーツ」も「メダルの夢飛んだ大惨事」とした記事で「韓国守備の組織力は完全に崩壊した」と伝えた。

 また総合ニュースサイト「デイリーアン」は「大会前から不安だった守備、強い相手の前で“崩壊”」と、グループリーグでは隠されていた守備面の不安定さが、メキシコの攻撃力の前で露呈されたとしている。2012年ロンドン五輪で銅メダルを獲得して以来の躍進を狙っていた韓国だが、屈辱的な完敗で2大会連続のベスト8敗退となった。

Football ZONE web編集部