キャプテンとしてフル出場したチョン・テウク、メキシコに3-6の大敗にうなだれる

 U-24韓国代表は7月31日、東京五輪サッカー男子の準々決勝でU-24メキシコ代表と対戦し、壮絶な打ち合いの末に3-6で敗れ、ベスト8で姿を消した。キャプテンのDFチョン・テウクは試合後、「残念だ」とうなだれたという。韓国紙「朝鮮日報」が伝えた。

 B組首位通過の韓国は、A組2位のメキシコと対戦。前半12分、サイドからのクロスをゴール前に折り返され、FWエンリ・マルティンに押し込まれて先制を許す。しかし、韓国も前半20分、10番を背負うMFイ・ドンギョンがペナルティーエリア外から強烈な左足ミドルを突き刺し、同点に追いつく。

 その後、前半30分にメキシコに勝ち越されて迎えた同32分だった。韓国がコーナーキックを獲得したなか、ゴール前で韓国DFチョン・テウクとメキシコDFブラディミル・ロローニャが対峙。体を寄せて密着マークするロローニャに対し、チョン・テウクが頭を下げて相手の顔面をヒットする形に、ロローニャは顔を押さえてピッチに倒れ込んだ。チョン・テウクはこのプレーでイエローカードを受けた。同37分にはPKを献上して2点ビハインドで前半を折り返した。

 後半開始から3人を交代して状況打開を図った韓国。後半6分にイ・ドンギョンがペナルティーエリア内左から強烈な左足シュートを突き刺して1点差に詰め寄ったが、そのわずか3分後に失点。後半18分にMFセバスティアン・コルドバに強烈なミドルを叩き込まれると、同39分には途中出場のFWエドゥアルド・アギーレにダメ押しの6点目を奪われた。終了間際に1点を返したものの、3-6で屈してベスト8敗退となった。

 キャプテンマークを巻いてフル出場したチョン・テウクは試合後、「私たちは良い準備をしてきたつもりだが、ピッチ内でのコミュニケーション、判断がメキシコの選手たちよりも遅かった。メキシコの選手たちはスキルの面でも素晴らしかった。もし我々がミスをしていなければ、より良い試合ができただろう。残念だ」とうなだれたという。

 2012年のロンドン五輪では銅メダルを獲得した韓国だが、今回は2大会連続のベスト8敗退で姿を消した。

Football ZONE web編集部