スペイン2部レガネスとのフレンドリーマッチに後半32分から出場

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織に所属する17歳のMF中井卓大が現地時間7月31日、レアル・マドリードのBチームであるカスティージャのフレンドリーマッチに後半32分から途中出場。中盤3枚の一角に入り、精力的なプレーを見せた。

 “ピピ”の愛称で知られる中井は、UEFAチャンピオンズリーグで最多13回の優勝を誇る“白い巨人”の下部組織に9歳から加入。インファンティールA(U-14相当)、カデーテB(U-15相当)、カデーテA(U-16相当)、フベニールC(U-17相当)と順調に階段を上り、昨季はフベニールB(U-18相当)に所属していた。

 だが中井は、昨年8月にフベニールA(U-19相当)の選手が出場するUEFAユースリーグに“飛び級”で登録。また、国際Aマッチウィーク中には、多くの代表選手が不在となったトップチームのトレーニングにも招集されるなど、着実に評価を高めていた。

 そうしたなかで中井は熾烈な生存競争を勝ち抜き、新シーズンもレアルでの戦いをスタートさせている。レアル下部組織の公式ツイッターとインスタグラムでは先日、「フベニールA 新シーズンの準備はできている!」の一文とともに、始動初日の映像を公開。そのなかで中井が軽快なボールタッチや、スタッフと笑顔で挨拶する姿が収められており、公式サイトではまだ発表されていないものの、フベニールAに昇格したと見られている。

 そして7月31日、フベニールAのさらに一つ上のカテゴリーにあたるカスティージャのフレンドリーマッチ・レガネス戦(スペイン2部)に後半32分から途中出場。「17番」を背負って中盤3枚の一角に入ると、相手選手とのデュエルで弾き飛ばされる場面もあったが、積極的にボールを受けて捌いていった。

 チームは後半アディショナルタイムにセットプレーのチャンスを迎えたが、ゴールを奪えずに逆にカウンターを食らい、そのままネットを揺らされて0-1で敗れた。

 なお、レガネスに所属する日本代表MF柴崎岳は先発出場し、後半16分の8人替えの際に交代。中井との“日本人対決”は実現しなかった。

Football ZONE web編集部