ニュージーランドがロッカールームに残した「頑張れ!」のエールを中山雄太が公開

 東京五輪サッカー男子に出場したニュージーランドはベスト8で姿を消したが、今大会の快進撃とともに、そのスポーツマンシップが注目を浴びている。U-24日本代表DF中山雄太(ズウォレ)が8月1日、自身の公式インスタグラムで、試合後のロッカールームに残されたニュージーランドからの“粋なエール”を公開。韓国メディアも「素晴らしいマナー」と称賛している。

 ニュージーランドは7月31日、準々決勝で開催国の日本と対戦。集中した守備で90分間、延長前後半30分でもゴールを許さず、PK戦まで突入したなかで、PKスコア2-4で惜しくも敗れた。

 今大会、ダークホース的に快進撃を続けたニュージーランドは、最後の最後までスポーツマンシップを貫いた。日本の中山が自身のインスタグラムに、試合後のニュージーランドのロッカールームに残されたホワイトボードのメッセージを公開したのだ。

「ありがとう鹿島 東京2020 素晴らしい時間を過ごせました。日本代表の幸運を祈っています。頑張れ! ニュージーランドフットボール」

 敗れながらも、日本へエールを送ったニュージーランドに対し、中山は英語で「これは試合後、ニュージーランドのロッカールームで撮った写真です。私はフットボーラーである前に、人間として彼らを深く尊敬します。彼らの情熱とともにベストを尽くします」と誓った。

 これを受け、韓国の総合ニュースサイト「news1」は「ニュージーランド、ロッカールームを綺麗にし、日本の健闘を祈るエール」と見出しを打ち、「日本に敗れたニュージーランドが素晴らしいマナーを見せた。試合終了後、ロッカールームのホワイトボードを使用して、日本にエールを送った」とレポートしていた。

Football ZONE web編集部