最終ラインは冨安、ガブリエウ、ホワイト、ティアニーと同じ顔ぶれ

 アーセナルは18日、敵地でのプレミアリーグ第5節でバーンリーと対戦する。クラブはこの試合のスタメンを発表。今夏に加入したDF冨安健洋は、2戦連続で先発に名を連ねた。

 イタリアのボローニャで2シーズンを過ごし、センターバックとサイドバックの両ポジションでハイレベルなパフォーマンスを見せてきた冨安は、8月31日の移籍市場最終日にプレミアリーグの名門アーセナルへの完全移籍が決定した。

 前節のノリッジ・シティ戦(1-0)戦に続き、ミケル・アルテタ監督は新加入の冨安を先発起用。そのほかの守備陣はイングランド代表DFベン・ホワイト、ブラジル人DFガブリエウ、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーとノリッジ戦と同じ顔ぶれが並び、冨安は右サイドバックでのプレーが予想される。

 アーセナルのスタメンは以下のとおり。

<GK>
アーロン・ラムズデール

<DF>
冨安健洋
ベン・ホワイト
ガブリエウ
キーラン・ティアニー

<MF>
トーマス・パルティ
エミール・スミス=ロウ
ペペ
マルティン・ウーデゴール
ブカヨ・サカ

<FW>
ピエール=エメリク・オーバメヤン

Football ZONE web編集部