昨季ビジャレアル、今季マジョルカで共闘するハウメ・コスタが久保について言及

 スペイン1部マジョルカは19日、ホームでのリーガ・エスパニョーラ第5節でビジャレアルと対戦する。スペイン人DFハウメ・コスタにとって古巣との一戦になるが、昨季途中まで一緒にプレーし、今季再びチームメートとなった日本代表MF久保建英について、「ここで幸せでいてほしい」と語っている。スペインラジオ局「カデナ・セール」が伝えた。

 久保は2019年6月、FC東京からスペインの強豪レアル・マドリードへ完全移籍。1年目はマジョルカへレンタルとなり、リーグ戦35試合で4得点4アシストの成績を残すも、チームは2部降格の憂き目に遭った。

 翌2020-21シーズンはビジャレアルへ期限付き移籍となり、エメリ監督の下でシーズンをスタート。しかし、UEFAヨーロッパリーグ(EL)要員で、リーグ戦では13試合のうちスタメンは2回のみ。出場機会を求める形でビジャレアルとのレンタルを打ち切り、ヘタフェで武者修行することになった。

 3年目は1部に復帰したマジョルカで再び戦うことになった久保。ここまで4試合中3試合でスタメン起用と、ルイス・ガルシア監督の信頼を勝ち取っている。19日には古巣ビジャレアルとの対戦になるが、昨季までビジャレアルで計9年間プレーし、今夏にマジョルカと契約したハウメ・コスタにとってもかつての所属チームとの激突だ。

 スペインラジオ局「カデナ・セール」の番組「SER Deportivos Baleares」で、ビジャレアルに関して、「常にビジャレアルファンの愛情と尊敬を感じてきた。ずっとスペインリーグのトップクラブだと思っていた」と語るとともに、久保についても言及している。

「ビジャレアル、マドリードであったことのあと、彼はここで幸せでいてほしい」

 ハウメ・コスタは、13歳年下にあたる久保の成功を願っていた。

Football ZONE web編集部