FC東京DF森重のフィードにFW田川が反応し、開始1分足らずで先制ゴール

 FC東京は25日、J1リーグ第30節で浦和レッズと対戦。開始1分足らずでFW田川亨介が電光石火のゴールを決め、鮮やかに先制点を奪った。

 昨季フランス1部マルセイユで同僚だったDF長友佑都(FC東京)とDF酒井宏樹(浦和)のJ1初対決に注目が集まったなか、試合はキックオフ直後に動く。

 FC東京はDF森重真人が前線へロングフィード。浦和DF岩波拓也の背後の落とす絶妙なボールに、田川が反応して裏を取ると、そのまま胸トラップから左足シュートを放ち、GK西川周作の足元を抜いて先制のゴールを奪った。

 スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターは、「開始わずか36秒!! FC東京 #田川亨介 電光石火の一撃」とゴールシーンの動画付きで速報している。

Football ZONE web編集部