【識者コラム】名古屋戦で相手DF中谷に肘打ち、スタジアムに響いた被害者の悲痛な声

 かつて英国にヴィニー・ジョーンズという「荒くれ」を売りにする選手がいた。自国リーグで通算12回の退場、104回の警告という最多記録を持ち、FAカップ決勝では開始3秒でイエローを受けたそうだ。1992年10月には、様々な反則を解説する「Soccer’s hard man」というタイトルのビデオを出して大ヒット。だが2万ポンドの罰金と6カ月間の出場停止処分が科せられた。

 1988年にジョーンズと対戦した元イングランド代表のスターだったポール・ガスコインは、試合中一貫して「首筋に呼吸がかかる」ほどの密着マークを受け、脅され続けたと証言している。「耳を噛み切るぞ」と囁かれ、激しいタックルを受けた後には「また来るからな」とにやり。映像が限られ監視の緩かった時代のピッチ上では、こうして危険に満ちた心理戦が繰り広げられていた。

 9月22日、5000人に満たない観客が見守る静かな味の素スタジアムで、被害者の悲痛な声が響き渡った。

「もう何回やってんだよ、レアンドロ。ほら、映像見てよ」

 スタジアムのビジョンには、ボールを運びフィードした直後の中谷進之介(名古屋グランパス)に、追走するレアンドロ(FC東京)が肘打ちをするシーンが映し出されていた。さすがに今回ばかりは即座に退場処分が下された。

 こめかみ辺りに傷を負った中谷は、試合後の会見で再度主張した。

「昨年から何度もやられている。Jリーグには、しっかり選手を守って欲しい」

 現場でレアンドロの肘打ちを確認できたのは2度目だった。昨年8月のサガン鳥栖戦でも、背中に密着マークをする樋口雄太をプレーとは無関係に攻撃した。直前に樋口がファウルをしたので、威嚇を込めた行為だったはずだ。ただし、まだVAR導入前の出来事で、審判団は確認ができず当日はカードも出されなかった。

 名古屋戦後にFC東京の長谷川健太監督は懸命に訴えた。

「前回(3試合出場停止処分になったガンバ大阪戦)は報復ですが、今回は苛立ちというより何とかしたいという想いから出た行為。報復でないことだけは分かってほしい」

 しかしネット上には、レアンドロの様々な暴行シーンの映像が溢れており、それは「今まで何人もやられている」という中谷の主張を裏づけている。実際中谷のチームメートだけでも稲垣祥や木本恭生が肘打ちの被害に遭っており、FC東京が次に名古屋と対戦するルヴァンカップ準決勝2試合でレアンドロの出場を自粛するのも当然の措置だった。

明白にプレーと無関係だった肘打ち、競技の特性上起こり得る危険からも逸脱

 総じてスポーツは、時代とともに選手たちの安全や健康を守り、公明な実施を図る方向へと改善されている。1990年イタリア・ワールドカップでは、ディエゴ・マラドーナ、マルコ・ファン・バステンらのスター選手たちが悪質なファウルの犠牲になるのを予防するためにカードが急増した。VARの導入も極力嘘(演技)を見極め、平等性を担保するための手段でもある。

 FC東京は「レアンドロ本人も猛省している」と声明を出した。だがこれだけ繰り返され映像にも残っている行為について、クラブが認識してこなかったはずはないし、反省を促したのも一度や二度ということはあり得ない。中谷の傷がこめかみだったのは不幸中の幸いで、もう少し逸れていたら選手生命を脅かす大惨事になっていた。

 またレアンドロの行為は、競技の特性上起こり得る危険からも逸脱しているという捉え方もできる。本来スポーツは「試合中に怪我が生じる可能性があることを認識して臨む(=危険の引き受け)」ものだが、例えばG大阪の山本悠樹を追走して後ろからパンチを入れた行為や、樋口への肘打ちなどは明白にプレーとは無関係で、もし相手が負傷していれば一般社会と同様に賠償責任が問われる可能性も否定できない。

 もはやこの時代にヴィニー・ジョーンズのような悪役スターは成立しない。本人猛省の伝達声明だけでは、被害者もファンも「危険の引き受け」は難しいだろう。

Football ZONE web編集部