アトレチコ・ミネイロでプレーするFWフッキが練習姿をSNSで公開

 かつてJリーグで猛威を振るい、その後ブラジル代表にまで駆け上がったFWフッキは、今年1月から母国のアトレチコ・ミネイロでプレーしている。攻撃の中心として活躍するなか、自身の公式インスタグラムを更新。練習に励む筋骨隆々な肉体が披露され、ファンからも「CR7より上だ」とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)を引き合いに称賛の声が上がっている。

 フッキは2005年に18歳で来日し、川崎フロンターレへレンタル加入。外国籍選手枠の関係で出番が限られたが、川崎へ完全移籍した翌年にJ2コンサドーレ札幌(当時)に期限付き移籍すると点取り屋として覚醒。38試合25得点をマークすると、翌07年には同じJ2の東京ヴェルディに期限付き移籍し、42試合37得点でJ2得点王に輝いた。

 そして08年夏にポルトガルの強豪ポルトへ完全移籍すると、世界的ストライカーとしての名声を獲得。ロシアのゼニトでもゴールを量産し、ブラジル代表としても活躍した。16年からは中国1部の上海上港(現・上海海港)でプレーしていたが、昨年12月の契約満了で退団し、今年1月にアトレチコ・ミネイロへ加入した。

 今年35歳を迎えたフッキは、10日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第25節・セアラ戦(3-1)で圧巻の2ゴールを記録。翌節はベンチ外となったが、母国でも能力の高さを見せつけている。

 そんなフッキが自身の公式インスタグラムを更新し、左足でボールを蹴る瞬間の写真を公開した。両太ももの筋肉が浮き上がった筋骨隆々な姿に、ファンからも「ブラボー」「最高」「CR7より上だ」と熱視線が送られている。かつてJリーグでも強烈な左足キックで旋風を巻き起こしたが、母国ブラジルでのさらなる活躍にも期待が高まりそうだ。

Football ZONE web編集部