J1残留争いを展望、14位G大阪以下の7チームに絞られてきた感も

 シーズン終盤戦に入り、J1への残留を懸けた戦いが本格化している。優勝争いの華やかさとは対極にある厳しさがある中で、今節には明暗を大きく分けかねない直接対決も2カードが組まれている。

 新型コロナウイルスの感染拡大とその影響を受け、昨季のJ1は降格チームがなく、J2からは2チームが昇格して今季は20チームで戦っている。その結果、今季は4チームが降格するとあって、その割合は増えた。残り6試合になって、その行方は14位のガンバ大阪(勝ち点34)以下の7チームに絞られてきた感がある。

 今節の注目としては、その中で2つの直接対決があることだ。まずは降格圏の1つ上にいる16位の徳島ヴォルティス(勝ち点29)と、降格圏内の18位にいる大分トリニータ(勝ち点27)の対戦だ。徳島がホームで戦える利点はあるものの、大分が勝てば勝ち点が逆転する関係にあるゲームであり、シーズンが終わった時の結果次第ではこのゲームがターニングポイントだったとクローズアップされる可能性すらある。

 徳島は、今季から浦和レッズを率いるリカルド・ロドリゲス監督が昨季まで4年間率いてチームのベースを確立してJ1に昇格した初年度であり、1年でJ2に戻る事態は避けたい。一方の大分は、J3まで落ちた時期に就任した片野坂知宏監督の下で“カタノサッカー”とも呼ばれた攻撃的なスタイルが脚光を浴びてきたが、J1に昇格してからこれだけ厳しい残留争いの主役を演じるのは初めて。双方の残留へ向けた強い意志がぶつかり合う熱戦になるだろう。

 また、双方が降格圏内にいる17位の湘南ベルマーレ(勝ち点28)と19位の横浜FC(勝ち点25)の対戦も決定的な意味を持ち得るだろう。横浜FCにとっては、ここで敗れると湘南との差が勝ち点6に広がってしまう。敵地に乗り込む立場とはいえ、勝利を狙うべき一戦になると言えるだろう。

 湘南は9月に山口智監督へと交代して以来、公式戦で1試合も勝利できていない苦境にある。とはいえ、湘南の優位な点は周囲のチームと比べて得失点差(マイナス7)が圧倒的に良いこと。勝ち点が並んだ時にはほぼ上位になれることから、見た目の勝ち点よりも0.5ポイント多いという考えもできる。着実に勝ち点を積み重ねていけば、それが生きる可能性も十分。まずは新体制での初勝利を奪い、自分たちが上に行くと同時に残留争いのライバルをさらに絞り込んでいきたい。

15位清水は、24日に首位・川崎とアウェーで対戦

 そして、最下位のベガルタ仙台(勝ち点23)は、ホームにサンフレッチェ広島を迎え撃つが、現時点でもかなり厳しい状況にある。残留争いでの1つの目安と言える試合数と同じ勝ち点(勝ち点38)を得るためには、残り6試合で5勝が必要。奇跡を起こすためにも、ホームでは必ず勝ち点3を奪いたい。

 14位のガンバ大阪は、7位につけるもののリーグ戦で4試合勝利がなく調子を落としているサガン鳥栖をホームに迎え撃つ。前節の浦和戦で押し込まれながらも勝ち点1を奪った粘り強さを発揮し、FWパトリックとFW宇佐美貴史のJ1屈指の能力を持つ前線コンビにチャンスを作りたい。

 15位の清水エスパルス(勝ち点32)は、他の全チームが23日に試合を終えた状況を受けて24日に首位の川崎フロンターレとアウェーで対戦する。難敵だけに、引き分けでも大きな価値を得られる状況になることも考えられる。早い時間帯の失点を避けて、無失点の時間を少しでも長くしながらチャンスをうかがいたいところだ。

 熾烈さを増していくシーズン終盤戦の残留争いでは、ひとつのプレーが大きな意味を持ってくる。プレッシャーのかかる中で、勝ち点をつかみ取るクラブがどこになるか注目だ。

Football ZONE web編集部