湘南は横浜FCとの一戦を劇的な逆転勝利で制す

 熾烈なJ1リーグ残留争いは、22〜24日に行われた第33節で二つの直接対決も行われ、湘南ベルマーレは劇的な逆転勝利で降格圏から抜け出し、ホームで勝利したベガルタ仙台は最下位脱出に成功した。

 新型コロナウイルスの感染拡大とその影響を受け、昨季のJ1は降格チームがなく、J2からは2チームが昇格して今季は20チームで戦っている。その結果、今季は例年よりも1チーム多い4チームが降格する。

 試合前の時点で双方が降格圏内にいた湘南(勝ち点28)と横浜FC(勝ち点25)の対戦は、後半18分に湘南のミスを突いてMF松尾佑介のゴールで横浜FCが先制した。しかし、湘南はそこから見事な反撃を見せた。まずは後半33分にFW大橋祐紀が相手GKとの1対1を冷静に浮かせて決め、さらには同44分にMF山田直輝がゴール前でヘディングシュートを決めて勝ち越した。

 いずれも途中出場の選手がゴールを奪い、9月に入って就任した山口智監督体制での初勝利をマーク。これによって湘南は勝ち点31に伸ばして16位に浮上し、降格圏の上に出た。一方の横浜FCは最下位に沈み、残り5試合で状況は厳しさを増した。

 また、16位の徳島ヴォルティス(勝ち点29)と、降格圏内の18位にいる大分トリニータ(勝ち点27)の対戦になったゲームは、ホームの徳島が後半25分にFW宮代大聖が鮮やかなシュートを決めて先制に成功。しかし、10分後に大分はMF町田也真人のゴールで追いついて敗戦を免れた。

 勝ち点1ずつを分け合った両者は、徳島が勝ち点30で17位と降格圏へ後退。大分も同28の18位で順位は変わらずと、まさに痛み分けという言葉がぴったりの結果になり、ライバルに差をつけることはできなかった。

仙台は最下位脱出も残り5試合は依然として予断を許さない状況

 そして、最下位のベガルタ仙台(勝ち点23)は、ホームにサンフレッチェ広島を迎え撃った。すると前半10分にMF関口訓充が狙いすましたゴールを決めて先制に成功すると、試合がオープンになりながらも終了間際にMF氣田亮真が追加点を決めて2-0の勝利。これによって勝ち点を26に伸ばした仙台は19位に浮上し、最下位からの脱出に成功した。一方で、残り5試合で残留圏内とは勝ち点5差とギリギリの立場が続いている。

 14位のガンバ大阪(勝ち点34)は、サガン鳥栖をホームに迎え撃つと前半10分に高速カウンターからFW宇佐美貴史が決勝ゴールを奪って1-0の勝利。勝ち点を37に伸ばし、浦和レッズに1-5で大敗した柏レイソルを得失点差で上回って13位に浮上。この両者は17位徳島との勝ち点差が残り5試合で7ポイントとなり、安全圏とは言い切れないが残留に近い立場にいる。

 これらの試合結果を受けて、24日に首位の川崎フロンターレと対戦した15位の清水エスパルス(勝ち点32)は、前半から川崎の攻撃に耐える展開が続くと後半2分に失点。川崎にボールを支配された清水はなかなか反撃をさせてもらえず、このまま0-1で敗れた。この結果、降格圏の最上位にいる徳島との勝ち点差は2となり、1試合で逆転する圏内に。清水以下の6チームが本格的な残留争いを繰り広げることになりそうだ。

 J1はこれで残り5試合となり、ラストスパートの時期に入る。劇的勝利の湘南や最下位を脱出した仙台が勢いに乗るのか、それとも徳島や大分が踏ん張りを見せるのか。横浜FCや清水の立て直しも含め、1試合1試合の持つ重みが増していく。

Football ZONE web編集部