横山久美が公式SNSで「プロポーズ大作戦」の結果を報告

 元なでしこジャパン(日本女子代表)で、米女子サッカーリーグNWSLのワシントン・スピリットに所属するFW横山久美が自身の公式SNSを更新。プロポーズを行い、「イエス」の返事をもらったことを明かし、クラブや元なでしこジャパンFW永里優季(レーシング・ルイビル)が祝福している。

 28歳の横山は、高校卒業後の2012年に岡山湯郷Belleへ加入。その後、AC長野パルセイロ・レディースを経て、17年7月からドイツ女子リーグの1.FFCフランクフルトへ1年間期限付き移籍した。18年から2年間、長野へ復帰した後、19年からワシントン・スピリットの一員としてプレーし、今季はリーグ戦12試合に出場している。

 今年6月、永里の公式YouTubeチャンネルで、心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることを公表していた横山。自身のインスタグラムとツイッターで「#プロポーズ大作戦」とハッシュタグを付け、ワシントン・スピリットの本拠地アウディ・フィールドでお付き合いする「なみ」さんに片膝をついて思いを伝える瞬間のショットを投稿した。

「彼女は『イエス』と言ってくれた。みなさん、ありがとう!」

 これを受け、横山が所属するワシントン・スピリットは公式ツイッターで「ハッピーマンデー。あなたを笑顔にする出来事が。おめでとう、クミ・ヨコヤマ。良かったね。我々もハッピーだ」と祝福。永里も「おめでとう」とコメントしている。

Football ZONE web編集部