アフリカのCAFチャンピオンズリーグ予選で生まれたタックルが話題

 アフリカのクラブナンバーワンを決める大会、CAFチャンピオンズリーグの予選が現地時間25日に行われ、チュニジアのエスペランス・チュニスはリビアのアル・イテハド・トリポリと対戦し1-0の勝利を収めた。この試合で相手GKムアド・アラフィが退場となった衝撃タックルが話題となっている。

 前半はスコアレスで折り返したものの、後半18分に1点を先制したエスペランス・チュニスは、さらに猛攻を仕掛けチャンスを作る。同30分には決定的なチャンスを作ったところで衝撃的な出来事が起こる。

 エスペランス・チュニス中盤の選手が裏に走り出したFWハムドゥ・エルフニに浮き球のパスを供給。エルフニが胸でコントロールしようとした瞬間、GKアラフィが飛び出してきて交錯。アラフィは目測を誤ったのかボールを蹴るのではなく、スパイクの裏でエルフニの顔を思い切り蹴る形となった。

 このプレーについてエスペランス・チュニスは公式ツイッターを更新。動画付きで「エルフニが受けた暗殺未遂のタックル動画は世界中に駆け巡った。残念ながらこれはアフリカのサッカーに悪い印象を与える」と綴った。この投稿に「狂気、信じられない」「生涯出場停止にすべき」と批判のコメントが寄せられた。

 相当な衝撃を受けたエルフニはプレー続行不可能となり交代を余儀なくされ、病院に搬送された。クラブによると、幸いなことに重傷ではなかったことが発表された。

Football ZONE web編集部