29日に緊急声明「1年でのJ2復帰が最重要課題」

 J3降格が決まった松本山雅FCが11月29日に謝罪声明を発表し、反響が広がっている。

 同28日にJ2リーグ第41節が行われ、SC相模原戦で1-1と引き分けた松本山雅FCのJ3降格が決まった。試合後、SNS上では「松本山雅」がトレンド入りするなど悲しみの声が広がったなか、松本の代表取締役社長を務める神田文之氏が声明を発表した。

「松本山雅をご支援いただいている皆様へ」と題した声明では、「日頃より松本山雅FCに対して熱いご支援を頂き、誠にありがとうございます。昨日の2021明治安田生命J2リーグ第41節の結果を受け、J3リーグ降格という現状をクラブとして重く受け止めております。松本山雅をご支援いただいているすべての皆様に深くお詫び申し上げます。重ねて、クラブの代表として重く責任を感じております」と謝罪している。

 また「1年でのJ2復帰が最重要課題」としており、「このクラブにとって背番号12・サポーターの存在は唯一無二です。これからも一層のご支援をいただきたくお願い申し上げます」と呼び掛けた。

 この声明を受けてファンから「悲しくなりました」「立て直しが最優先」「どういうビジョンで行きたいのか…」「強い山雅を今一度作ってください!」「マツ(故・松田直樹)のために頑張れ!」などさまざまな声が上がり、反響が広がっていた。

J3降格の松本が発表…「松本山雅をご支援いただいている皆様へ」緊急声明の全文

「松本山雅をご支援いただいている皆様へ」

「日頃より松本山雅FCに対して熱いご支援を頂き、誠にありがとうございます。昨日の2021明治安田生命J2リーグ第41節の結果を受け、J3リーグ降格という現状をクラブとして重く受け止めております。松本山雅をご支援いただいているすべての皆様に深くお詫び申し上げます。重ねて、クラブの代表として重く責任を感じております。

これまでの良い部分を取り戻しながら、未来へ向けて継続的な成長に繋げるべく臨んだシーズンですが、皆様の期待を大幅に裏切る結果となりました。この間、チームの現状を確認し、日々の変化や成長を感じながらクラブの総力で最後まで諦めずに戦うことに注力して参りましたが、結果に結び付かない状況を最後まで覆すことが出来ませんでした。

一方で、若い力を育て、新しい山雅の姿を感じてもらえるような戦い方を目標に掲げ、選手・監督・スタッフも前向きに最後までトレーニングに向き合ってきたことに間違いはありません。クラブとして何かが大きく足りなかった結果を真摯に受け止めなければいけないと考えております。改めてその覚悟と方向性をご支援いただく皆様にも示さなければいけません。

2022シーズンは、クラブとして覚悟を持って臨むシーズンになります。1年でのJ2復帰が最重要課題です。チームは生き物であり、運営会社は地域と共に発展するスポーツビジネスを追求しなければなりません。それは、『未来への夢と感動へチャレンジ』を企業理念に掲げるクラブの宿命だと理解しています。

このクラブにとって背番号12・サポーターの存在は唯一無二です。これからも一層のご支援をいただきたくお願い申し上げます。そして、ファン・サポーターの皆様と共により強い松本山雅を目指して参ります。今後とも、松本山雅FCへの熱いご支援をよろしくお願い申し上げます」

Football ZONE web編集部