清水エスパルスで長年プレー、多くのクラブに在籍

 J3の藤枝MYFCは11月29日、MF枝村匠馬が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 枝村は清水エスパルスユースから2005年にトップチームに昇格しJリーグデビューを果たした。その後はセレッソ大阪、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸などでプレーし、20年から藤枝でクラブの目標であるJ2昇格に向けて尽力していた。

 枝村はクラブを通じて「藤枝MYFCにはサッカーをする最期のクラブにしたいと心に決めて2年間お世話になりました。J2昇格を目指すクラブの力になれず悔しさは残ります。これからは藤枝MYFCを背負う選手達を応援したいと思います。またこれまで在籍した、清水エスパルス、セレッソ大阪、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸、アビスパ福岡、栃木SCではいろいろな個性を持った選手、スタッフ、関係者の皆様に出会い、サッカーだけではなく人生の勉強もさせてもらえたと思っています」とJ2昇格を果たせなかった悔しさと、これまで所属してきたクラブへの感謝を述べている。

 そのほか、ガイナーレ鳥取が青山学院大学からMF小澤秀充の来季加入内定と3選手の退団を発表している。

【11月29日発表、主な去就動向】
■藤枝MYFC
MF枝村匠馬(引退)

■ガイナーレ鳥取
MF小澤秀充(←青山学院大学/来季加入内定)
FW谷尾昂也(契約満了→未定)
MF可児壮隆(契約満了→未定)
DF藤原拓也(契約満了→未定)

■いわてグルージャ盛岡
FW桐蒼太(契約満了→未定)

Football ZONE web編集部