後半45分、ゴール前のこぼれ球に飛び込むもシュートはクロスバー上へ

 イングランド1部リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間1月13日に行われたリーグカップ(カラバオカップ)準決勝第1戦のアーセナル戦(0-0)で先発フル出場するも、終了間際の決定的チャンスを逃した。リバプール専門メディアでは、チームワーストタイの採点となり、「フィニッシュが足りなかった」と指摘されている。

 ホームのリバプールが立ち上がりからリズムを掴んだなか、前半24分にアーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカが一発退場。さらにリバプールは押し込む展開となるが、ゴールを奪うことができない。

 スコアレスで折り返した後半2分、南野が速攻からクロスを上げ、ボールはアーセナルゴールに向かうが、惜しくも枠外へ。同23分にもペナルティーエリア内で左足ダイレクトシュートを放つがモノにすることができない。

 アーセナルが自陣で守備を固める展開が続いて迎えた後半45分、リバプールはゴール前でこぼれ球に反応した南野が決定機を迎えるが、ワンバウンドのボールに対してフリーで放ったハーフボレーはクロスバーの上を越えてしまう。ゴール前にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノもいた状況で絶好のチャンスを逃し、南野は思わず天を仰いだ。

 0-0のスコアレスドローに終わったなか、リバプール専門メディア「This is Anfield」は出場選手を10点満点で採点。南野は元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソン、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドと並び、チームワーストタイの「4点」となった。

「リーグカップはこれまで南野の大会で、エネルギッシュで気合いは入っていたが、最後のフィニッシュが足りなかった。結果的にフィルミーノの邪魔をして、不利益となった。今月は彼が必要だが、もっと多くのことを期待している」

 リーグカップで3試合連続してゴールを決めていた南野だが記録はストップし、アフリカネーションズカップ出場でエジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネらが不在のアピールチャンスも逃す形に。今がまさに正念場となっている。

Football ZONE web編集部