1月27日に中国、2月1日にサウジアラビアとホーム2連戦

 日本サッカー協会(JFA)は1月22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のホーム2連戦(1月27日中国戦、2月1日サウジアラビア戦)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。MF南野拓実(リバプール)やDF長友佑都(FC東京)ら常連組のほか、MF久保建英(マジョルカ)が復帰している。

 日本は最終予選のグループBでオーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムと同居。同予選の幕開けとなった9月2日のオマーン戦(吹田)で0-1の黒星スタートを切り、同7日の中国戦(ドーハ)は1-0と勝利。10月7日のサウジアラビア戦(ジェッダ)は0-1と敗れるなど、苦戦を強いられてきた。

 しかしその後、10月12日のオーストラリア戦(2-1)、11月11日のベトナム戦(1-0)、同16日のオマーン戦(1-0)と3連勝。4勝2敗の勝ち点12でグループ単独2位につけている。

 上位2か国が本大会出場権を獲得し、3位がプレーオフに回る最終予選。今回のホーム2連戦では、1月27日に中国、2月1日にサウジアラビアと対戦する。中国は最終予選で苦戦が続き、ここまで1勝2分3敗の5位に沈む。一方のサウジアラビアは、5勝1分の勝ち点16でグループ首位に立ち、得点数・得失点差でも日本を上回っている。

 今回は、キャプテンのDF吉田麻也(サンプドリア)が負傷で不在。センターバック(CB)では、DF冨安健洋(アーセナル)、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)、DF植田直通(ニーム)のほか、ボランチもできるDF板倉滉(シャルケ)が選ばれている。MF/FWではセルティック移籍初戦で初得点を決めたFW前田大然、昨年11月シリーズは怪我で回避した久保がメンバー入りしている。

 7大会連続のW杯出場を目指す日本にとって、ホームでの2連戦は是が非でも勝ち点6を積み上げたいところ。今回招集された23人のメンバーで2連勝を狙う。

 日本代表メンバーは以下のとおり。

■W杯アジア最終予選 1・2月シリーズ招集メンバー
GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(清水エスパルス)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
長友佑都(FC東京)
酒井宏樹(浦和レッズ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
山根視来(川崎フロンターレ)
植田直通(ニーム・オリンピック/フランス)
板倉 滉(シャルケ/ドイツ)
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
冨安健洋(アーセナル/イングランド)

MF/FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)
原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
柴崎 岳(レガネス/スペイン)
遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギ− )
浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
南野拓実(リバプール/イングランド)
守田英正(CDサンタ・クララ/ポルトガル)
前田大然(セルティック/スコットランド)
堂安 律(PSV/オランダ)
田中 碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)

FOOTBALL ZONE編集部