キャプテンの吉田は負傷で今回招集せず

 日本サッカー協会(JFA)は1月22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のホーム2連戦(1月27日中国戦、2月1日サウジアラビア戦)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。キャプテンを担ってきたDF吉田麻也が負傷で不在となったなか、森保一監督はチーム始動後に代役キャプテンを決めると語った。

 4勝2敗の勝ち点12でグループ単独2位につけている日本。ホーム2連戦では、1月27日に中国、2月1日にサウジアラビアと対戦する。

 招集メンバー23人に目を移すと、1月上旬の試合で右ハムストリングを痛めたキャプテンの吉田が招集回避となった。DF冨安健洋(アーセナル)、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)、DF植田直通(ニーム)、DF板倉滉(シャルケ)らの誰がセンターバック(CB)としてプレーするのかとともに、キャプテンを誰が務めるかにも注目が集まる。

 森保監督は「吉田が怪我で今回参加できないことで、キャプテンを決めなければいけない」と語りつつ、会見での指名は避けた。

「活動が始まってから最終的には決めたい。候補はたくさんいる。最終的に選手が集まった時に皆さんにもお伝えしたい。誰がキャプテンをやるというより、これまでどおり、これまで吉田がまとめてくれ、スタッフと選手の架け橋をしてくれ、メディアやサポーターとの間でも良い働きをしてくれたなかで、彼だけがチームのために行動していたのではなく、選手1人1人がチームのために責任を持ってやってくれていたから、代表として良い活動ができている。チームもまとめてくれる存在がいるのは大切だが、1人1人がチームが勝つために何ができるか責任を持ち、中国戦とサウジアラビア戦に挑もうというのを確認してキャプテンを決めたい」

 DF長友佑都(FC東京)やGK川島永嗣(ストラスブール)らベテランもいるなかで、代役キャプテンの行方にも熱視線が注がれる。

FOOTBALL ZONE編集部