ファンから質問募集、旗手自身が選んだ14の質問にコメント

 スコットランド1部セルティックに所属するDF旗手怜央は、1月22日にクラブがファンから募集した質問に公式ツイッターで解答。その答えが、セルティック専門メディア「The Celtic Bhoys」で注目されている。

 23日に行われたスコティッシュカップ4回戦アロア・アスレティック戦では、ベンチ入りしたものの出場機会がなかった旗手。それでも、デビュー戦となったリーグ戦のハイバーニアン戦(2-0)では、先発出場してマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せた。

 21日に募集が開始された質問の中から、旗手は14の質問を選び回答。「The Celtic Bhoys」が注目したのが、「契約する前、セルティックについて、どんなことを知っていた?」という質問に対する答えだった。

 旗手は「多くのことを調べる必要はありませんでした。中村俊輔選手がプレーしていたので、このクラブのことは子供の頃から知っていましたし、セルティックは世界的なビッグクラブだからです」とコメントしている。

 記事では、「中村は、10年ほど前、セルティックで最もエキサイティングな選手の1人でした。彼は常にファンの思い出に残っているでしょう。特に信じられないようなFKです。タイプは違うものの、旗手もセルティックでの生活を輝かしくスタートさせました。パークヘッドで、彼自身の足跡を刻んでくれるはずです」と、元日本代表MF中村俊輔(横浜FC)のキャリアを振り返るとともに、旗手にも大きな期待を寄せている。

 それ以外にも、好きな選手を聞かれた旗手が、「本当に尊敬している選手」として日本代表MF久保建英(マジョルカ)と元日本代表MF家長昭博(川崎フロンターレ)の名前を挙げたり、デビュー戦の舞台となったセルティックパークの感想を問われ「6万人の観衆の前でプレーするのは初めてだったので、緊張しました。でも、ファンがすごく助けてくれました」と答えている。

 また好きな食べ物について「ウナギ」と答え、複雑な反応を見せるスコットランドのファンに対して、日本のファンがウナギを説明するなど、公式ツイッターでのやり取りは、盛り上がりを見せていた。

FOOTBALL ZONE編集部