JFAが1月23日に発表、キャプテンのDF吉田麻也も不在

 日本サッカー協会(JFA)は1月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦(1月27日)、サウジアラビア代表戦(2月1日)に向けて活動予定の日本代表において、DF冨安健洋(アーセナル/イングランド)が怪我のため不参加となり、代わってDF中谷進之介(名古屋グランパス)を招集すると発表した。

 森保一監督率いる日本代表に暗雲が垂れ込めている。1月22日にホーム2連戦に臨む日本代表メンバー23人を発表。キャプテンのDF吉田麻也(サンプドリア)が負傷で不在となるなか、最終ラインの主力として冨安に期待が懸かっていた。

 指揮官は「現段階のベストだと思って選んだ」と明かしていたなかで、急きょ冨安の不参加が決まった形だ。日本代表の最終ラインを支えてきた不動のCBコンビ、吉田と冨安を欠くなか、日本代表はどんなメンバーで試合に臨むのか注目が集まる。

FOOTBALL ZONE編集部