ファン・ダイクの先制ヘッドで先制し、クリスタル・パレスに苦戦しながらも3-1で勝利

 イングランド1部リバプールは、1月23日のプレミアリーグ第23節でクリスタル・パレスと対戦。敵地で難しい試合を強いられたが、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレン、ブラジル代表MFファビーニョのゴールで3-1と逃げ切った。日本代表MF南野拓実は、後半15分からの途中出場だった。

 南野は1月16日のプレミアリーグ第22節ブレントフォード戦(3-0)で、途中出場からブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのお膳立てを受けて今季リーグ戦2ゴール目をマークしていたが、クリスタル・パレス戦もベンチスタートとなった。

 リバプールは前半8分、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの左コーナーキック(CK)に、飛び込んできたファン・ダイクがドンピシャのヘッドで合わせて先制。同32分にはオックスレイド=チェンバレンの今季リーグ戦2点目でリードを広げる。

 その後、リバプールは前半42分に最終ラインの裏を突かれるピンチを迎えたが、クリスタル・パレスFWジャン=フィリップ・マテタのシュートはGKアリソンに当たってゴールならず、2-0で前半を折り返した。

 後半、徐々にクリスタル・パレスに押し込まれたリバプールは、同10分にセカンドボールを拾われたところからスルーパスを通され、FWオドソンヌ・エドゥアールのゴールで1点を返された。

 後半15分には、ゴールを挙げていたオックスレイド=チェンバレンとの交代で、南野が入り、3トップの右に入った。しかし、クリスタル・パレスにボールを握られる時間が増え、守備に回る展開で南野は持ち味を発揮できず。ただ、リバプールは同40分、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが敵陣ペナルティーエリア内で倒され、ビデオ・アシスタント・レフェリーの介入とオンフィールドレビューの末、PKを獲得。これをブラジル代表MFファビーニョが冷静に決め、リバプールが3-1で勝利を飾った。

FOOTBALL ZONE編集部